2010年1月 8日 (金)

ことしもよろしくおねがいします。

こんにちは。

引っ越しました。

荷物がすごかった。1週間前から梱包をはじめて、前の日の午前3時にダンボール70箱を使い切って、それでもたくさん荷物があって、洗濯物のかごとかに入れ始めて、ついにはそのまま車に積み始めて、2往復くらいしたときに、ふと思った。もうやめよう。

で、眠りました。8時におきました。9時に引っ越し屋さんがきます。とりあえず子どもと夫にごはんを与え(本当に作るってもんじゃなく、パンとか「ほら」とかいってあげたような記憶が・・・。もうガスコンロはずしていたからね。

9時5分前、引っ越し屋さんの到着。中古のダンボールをわけてもらい、梱包作業再開。このあたりにくると、なんだか運動会みたいで楽しくなってくる。わけない。体が黙々と動く。頭がのんびりとついていく。

「あのー、冷蔵庫のもの、詰めてもらっていいっすか?5分休憩しますんで」

ついに、引っ越し屋さんに追い越されてしまった。冷蔵庫のものをダンボールにつめる。冷凍からつめていいのか、冷蔵からか。それともミックスか?クーラーボックスは新居に先着している。はうー。そこからの記憶がいまいち、ない。

(ので、中略)

翌日5年住んだ部屋を掃除する。

その日のうちに鍵を返却すればいいのだから余裕である。

でも子どもがこっそり貼ったシールやなんかを剥がしているうちに(うー、プリキュアめー!)

時間はどんどん過ぎていく。

子どもたちははじめは手伝っていたが、飽きて車のなかで遊んでいる様子。

「だってー、その部屋さむいんだもーん」

思考停止状態のわたしは、そうかそうかと掃除を続ける。

さいごに庭先にでていた粗大ゴミを清掃工場に搬入。

年末なので30分待ち。みんな山積みで来ていた。

この部屋で、わたしは5歳年を重ねた。

楽しいことも悲しいこともたくさんあった5年間だったけれど、

いま私が生かされていること、私の身の回りの人が生きていてくれることに感謝したい。

残ったのは新しい家、ダンボール80箱、腹をすかせた家族。

そうしたら母がきてくれた。ごちそうを持って。

具合が悪いのに作ってくれたらしい。ありがとう。おいしかったです。

お正月のうちにまあまあ片づけて、なんとか目の前からダンボールの山を消すことができました。マッターホルン級だったね。かじりつくかんじで。

で、ご近所のおともだち、もう遊びにきていいよー。(おいおいメールしろよ)

というわけで、どうぞ今年もよろしくおねがいします。

おくすり短歌は今年も(たぶん)続きます。毎日新聞九州版の第3水曜日。こちらのほうもどうぞよろしくおねがいします。あと、心の花、今年は欠詠しないようにがんばります。

みなさんにとってもいい年になりますように、寅。

須藤歩実

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

ヒッコス

実は来月、近所に引っ越すことになった。

終の住処になるわけだ。30年ローン。

そういうわけで引っ越し業者を決めなくてはいけない。

ネットで一括見積りというのをやってみた。

入力終了・・・送信・・・

3分後、電話。「○○引越しセンターです」

びっくりした。どこかでわたしをみはっていたのかと。

いやきっとすぐメールがいくのだろう。

結局その日電話があったのは5社。翌日2社見積もりに来て、その間にも電話が鳴り続けるような状態だった。

「なんでですかね、この状況」と来てくださった方にきくと、

大手が新規参入して福岡の引っ越し業界にも価格破壊の波がおしよせているんですよとのこと。

「た、たいへんそうですね。」

「はい!だから、もう、ぜひ!」

で、結局どこの業者さんに決めたのかは内緒ですが、我が家の荷物はダンボール60~70箱はあるらしい。

本が増えたからなあ。

でもぜったい処分できない。本だけは、むり。絵本も、むりー。

文庫本は処分しちゃおうかな、あー、でも、むり。むりー。

とりあえずそのダンボール70箱をこの部屋のどこに安置しておくのかというのが問題だな。

ちなみに引っ越し業者からの電話の嵐は、業者を決定するとぴたっとやんだ。

なんだか謎めいた世界だ。でもこういうひとたちのために勤労感謝の日はあってほしいなと思った。

今日は夫のバースデー。(あ、日がかわってる)

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

パソコンの引っ越し

おひさしぶりの須藤さん、真夜中の更新です。

短歌をはじめて以来、苦楽を共にしてきたパソコンくんが、ついに今朝電源も入らなくなってしまいました。

データ、とれません。おくすり短歌のデータ、全部持っていかれました。

短歌はほとんど紙で残しているので、あとはメールアドレスですね、みなさんの。

個人的に親しい方、どうぞ須藤にメールをください。

今日はともだちの引っ越し祝いに行ってきました。

一軒の家を持つって大変なことだけど、いいなあと思いました。

ちびたちも大喜びでサル山のような騒ぎでした。

うちも来週から新居の着工がはじまるので、どきどき。

本屋で『はじめての花木・庭木』という本を購入。

ああ、ざくろなんて植えたら素敵ね、なんてぽあぽあ考えていました。

で、パソコンね、パソコン。そのおかげで今日はこんなに夜更かしをしました。

(いつも10時就寝)

ヤ○ダ電気でyahooにのりかえることにして、6万くらいで買いました。

わたしより賢いパソコンで設定に時間がかかってしまいました。

でもなんとかほら、こうやってブログが更新できています、ばんざい。

それからもうひとつばんざい。

お知り合いの山田航さん(かばん所属)が角川短歌賞を受賞されました。

短歌研究評論賞とダブル受賞。

すごすぎる。同じ年に。

山田さんには以前、拙作をブログでとりあげていただいたことがあり、

そのご縁でブログを拝見するようになったのだけど、

とにかくよく歌集を読まれていて、的確かつあたたかい批評をされています。

穂村弘100首鑑賞とか。すごいよなあ。わたしなんか題詠100首も大ストップしてるのに。

山田さん、おめでとうございます。これから短歌関係のお仕事がますますふえるでしょうが、頑張ってください。陰ながら応援しています。

北海道があついなあ。九州もがんばらんばね。

それでは、おやすみなさい。

(宮崎の心の花の全国大会、いきたかったな)

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

唱和

人が亡くなるというのはいつも突然で、きのうは知人のお通夜に参列した。


前列に6人のお孫さん。小学一年生を筆頭にちっちゃいこが一生懸命お経を読んでいた。
たいへん信心深い方だったらしい。参列者から阿弥陀経の唱和がおこり、最後はコンサートのようになっていた。

あたたかく見送ってもらえて、お幸せなのではと思う。


先週はドッジボールの練習でへとへとになっていたが、土曜日に終わり、今日は休息しようと思う。

新型インフルエンザが流行っているので母にマスクをあげた。もったいなくても一日使ったら捨てるんだよと教えたら、もったいないー!と予想通りの反応。ぜったい同じマスクを三日は使うと思うな。

隣の区で感染者が出たということで心配だが、マスクをしているひとはあまりいないし、ちまたで騒いでいる感じもない。

大事にならずに収束すればいいのだけど。

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

入院します

体調を崩し、来週はじめから入院することになりました。

予定では1ヶ月。退院したら秋になっているかも。

みなさんもお体大切に。夏を乗り切ってくださいね。

須藤歩実

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

高校の椅子

Hennaisu 数年前にわたしの母校のS高校が建てかわるとき、うちの弟も同じ高校に在籍していて、旧校舎の思い出にこの椅子を記念にもらってきたらしい。校章・校名入り。めっちゃ古い。おそらく理科準備室か地学教室の隅に置かれていたのではないかな。見たことないよ、こんな椅子。中途半端な高さ。そしてクッションがだめになっているから、めっちゃすわり心地わるい。でも、すごく丈夫にできている。象がのってもたぶんだいじょうぶ。

それにしても弟はなぜ椅子を選んでもって帰ってきたのか。たしか自転車通学だったと思うけれど、どうやって家まで運んだのだろう。何に使おうと思ったのだろう。不思議だ。そして実家で部屋のドア押さえの役割を(かろうじて)果たしていたこの椅子を、今度はわたしが持ち帰った。で、厚めのクッションを置いて、いま座っている。どっしりとした安定感がある。いまの主流のくるくる回るタイプの椅子、あれを買おうと思っていたのだが、当分この椅子でいいんじゃないかなと思い始めた。背もたれもシンプルで丈夫だから心地よい。

今日は娘のピアノコンクールだった。

準優秀賞。つまり、参加賞。それでも娘は自分が一番上手だったと言う。なんだかすごいなあと思った。子どもの自信ってどこからくるのだろう。そして、どこでなくなってしまうんだろう。

はじめてのコンクール。はじめての賞状。大切にとっておこうと思う。

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

普通のくま

 ライバルはエビフライだよ♪

 せんせはきっとチョコレート♪

 ぼくはくま、くま、くま、くま~♪

(宇多田ヒカルの「ぼくはくま」)

ライバルがエビフライで先生がチョコレートだったら、なんでも楽しいだろうけれど、

ライバルは伊勢海老だったり、せんせいがウイスキーボンボンだったり、

そもそもライバルは海老をやめて浜から上がって進化して、トノサマガエルになったり、

せんせいがウイスキーでは飽き足らず、そこに日本酒やブルーベリーワインを投入したり、

ぼくがくまではなく、しろくまになって、絶滅の危機に瀕したり、

くろくまでも、人里におりて、猟銃でおいかけまわされたり、

くま、くま、まま、くま、くま~♪

今日は子どもを歯医者に連れて行ったり、図書館に行ったり、公園で蝉を探したり、ピアノ教室に連れて行ったり、ふつうのままな一日でした。

ままも人間のままになると・・・(あー、はいはい、もういいです)

おみやげは蝉のぬけがらだよ♪

仕方ないから持ってきたよ♪

でもそっと捨てちゃおう捨てちゃおう、ママ~♪

sun

白い翅の蝉と、茶色い翅の蝉。

去年は平気で摑めたのだが、今年は、だめ。き・・・もちわるい!

なんでだろう。だんだん普通の大人になれてきたのかも。

| | コメント (0)

2008年7月31日 (木)

しましまタウン

しましまタウンにいってきた。

しましまタウン、しってますか?

しまうまタウン、しまうまダウン、しましまダウン、しまじまタウン、ではなく

しましまタウン。

つまり、しましまとらのしまじろう(ベネッセのこどもチャレンジの)がいる町です。Simajiro

今日は息子だけ連れて行きました。

今度は娘が保育園でお留守番。

しましまタウンの入場料は、子どもが大人の二倍。

だから、なるべく子どもの数が少ないほうが助かるのです。

それにここはそんなに広い場所じゃないし(ダイヤモンドシティルクルのなかにある)

(おそらく)対象年齢0~6歳という室内遊園地なので、

もうここにくるのも最後になるのだろうな、としみじみ(2回くらいしかいったことないけれど)

朝一番のショーだったので、しまじろうしか出てこなかったけれど、

息子は気にせず、なんだか張り切っていました。

(ここに娘をつれてきてたら、みみりん、らむりん、とりっぴいがいない!と騒いだと思う・・・)

楽しかったけれど、なんだか、お出かけ続きで、限界がみえてきたかんじ。

高速に乗るようなお出かけ、しばらくやめよう・・・。

ホームページも、つくったものの、なぜか転送できず、困っている。

とりあえず、体調がよくなってから考えてみよう。

なにかが少し、違っていることが多いんだ。

なにか、半角のアルファベット1字分くらいの間違いで、

すべてが間違っているようにみえることが多いんだ。

tかな、sかもしれない、けれど、tもsもという可能性は低い。

子ども達に持たせるための水着を、毎晩洗濯しているけれど、

その作業が済んだら、考えてみよう。tとsの、あるいはそれではない何かの問題を。

夏は、        はあ、疲れますwobbly

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

説教の作法

義兄から「読んでみたらいいよ」とすすめられた本(あえてタイトルと著者は伏せます)を、ああ、ちゃんと感想を添えて返さないといけないなと思い、読み始めた。

あれ?この本、未読だよね。でも内容、ところどころ知っている。

禅宗のお坊さんが書いた本なのだけど、(一昔前の)人生のやりくりの方法が書かれてあって、面白いのだけど、ところどころ、内容、知ってるぞ。

もしかして誰か、この本を下敷きにして、わたしに説教をしましたか?

数限りない人々から数限りなく説教されてきたので、いちいち覚えていないけれど、

説教するならするで、本のまんま説教したらいかんやろ(その場合、著者の名前くらいは言いましょう)

説教するならするで、自分の言葉でしいや、大人たち。

その自信がなかったら、本を貸すとか、そういうふうにしたらいいんとちがう?

人の言葉をそのまま借りてきたらいかん。(借りるときは借りてきましたよと言わないかん)卒論書くとき、習ったやろ?

自分で一旦飲み込んで、消化して、発展させて、オリジナルの言葉を大切にしつつ、自分の言葉で語らないかん。

わたしはそう思う。

そんな偉そうなことを言ってしまった私も、知らず知らず、言葉や表現を盗んでしまっていることがある。

それに気がつくか、気がつかないか。

借り物の言葉か、自分の言葉か、それだけは確実に判断できるような精神状態を保ちたい。

chick

(以下、超地元ネタ)

今日は椎葉の温泉旅館「涼山泊」の駐車場にある湧水を汲みに行った。

3分100円で汲み放題なんだけど、うちの20リットル入りポリタンクは30秒くらいで満タンになった。

あと、どうしたらいいんだろう。とりあえずもったいないから、手足を浸した。

ひゃー!きもちいいー。ひゃー!

本気出して汲めば、1分で40リットル汲めるよ。3分だと120リットルよ!

120kgの水。ぞっとするわ。お友達お誘いあわせの上、行くのがベストかも。

味、やわらかくて、おいしかったよ。うちは料理や炊飯に使います。

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

友達のパン屋さん

私は中学校になじめなかった。

一応まいにち学校には行っていたが、「不登校」という言葉を知っていたら、間違えなく登校しなかっただろう。

友達とうまく付き合えなかった。部活でも、クラスでも。

友達いわく、わたしがまず悪いことをするらしい。よくわかんないけれど。

それを仲間はずれや、上靴隠しなんかで制裁を加えていたらしい。

よくわかんないけど。

とりあえず、上靴がなくて、困ったよなあ。

で、そんな暗黒の中学校時代を経て、晴れて高校に入学し、

気のあった友達もでき、精神的にも落ち着いた。

なぜ、こんなことを書いたかというと、わたしの中学高校時代をよく知っている友人に高校卒業以来はじめて会いにいったのである。

 何度行っても路地を曲がってしまうのでパン屋になった友に会えない

                      須藤歩実(『未来』7月号)

これは、実話。

彼女がパン屋さんになったのは、風の便りで聞いていたし、共通の友人からそのお店の名刺までもらっていたのに、なぜか何度行っても路地を曲がってしまい、会えなかったのだ。

昨日は慎重に行った。ナビに住所を入力し、いつもと反対方向からそのお店に向かった。

あった!駐車場に車をとめ、子ども達を連れて、お店のドアを引く。

「Nちゃん!」

「あー!、かずよちゃん!(わたしの本名)」

それからお互いの近況について簡単に話しながら、パンを買った。

すごくおいしかった。それにすごく種類も豊富。

テレビでよく紹介される名店らしい。なるほど、遠くからでも買いに来る価値はあるかも。

西新(城西より)の「コナ・エ・ウフ」というお店です。ちょっとググってみましょう。

http://blog.so-net.ne.jp/machilog_mt_fukuoka/2005-09-20

http://r.tabelog.com/fukuoka/rstdtl/40004007/

すごい。ネットでも大評判なのね、Nちゃんのお店。

ちなみにこのパンは、ご家族で作られています。

Nちゃん、Nちゃんのお父さん、Nちゃんのお母さん。

いいなあ、なかよし家族。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧