2010年4月 6日 (火)

ブログの引っ越し

4月です。

新学期です。

クラス替えです。

新しい教室、新しい先生、新しい友達。

すこし大きくなった自分。自分は新しくはならなくてむしろ古くなっていくのだけど、春の空気のおかげでリフレッシュした気分になります。

そういうわけで、この「月歩」(げっぽ)も引っ越しをすることにしました。

新しいブログは「つきあるき」

http://tsukiaruki.blog2.fc2.com/

より一層スローにがんばります。

ときどきのぞいてみてください。たまたまそこでわたしが叫んでいても放っておいてください。

下りエスカレーター歩く子どもらを制止しながら吾の背をみる 須藤歩実

いそぎすぎちゃいけません。次の電車を待ちましょう。

では、引っ越し先でまたお会いしましょう!

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

春休み

息子は今日から春休み。

娘は明日から春休み。

休みの間、旅をしたくて、子どもたちに海外体験をさせるのもいいかなと思ったけれど(プサンとかね)さすがに私の体力が持たないと判断して、星空の観測ができる星野村に行くことにしました。

一日目はのんびり八女観光をして、大きな望遠鏡で星空をみせてもらって、二日目はウルトラマンランド&グリーンランド。

夫はこのごろ土日も仕事なので、不参加。私と子どもたちだけで行ってきます。

グリーンランドは中学を卒業した時、テニス部の友達数人と卒業旅行(日帰りだけど)に行って以来ごぶさたの場所。

たしかあのとき、野外ステージの上のほうの席からキャラショーをみていたら、舞台袖がまるみえで、きゃあきゃあ騒いでいたら仮面ライダーの悪役っぽい人が着ぐるみを脱いで手をふってくれた。

あれは何代仮面ライダーだったのだろう。のどかな遊園地だったなあ。

あれから約20年。あのときのメンバーとは一人残らず音信不通になってしまった。

ただ、写真は残っている。緑色のボーダーのパーカーを着たわたし、かき氷を食べているところ。

誰が撮ってくれたのだろう。仮面ライダーの件は覚えていても、写真を撮ってくれた友人の名は思いだせない。カメラ、そうかあのころは、使い捨てカメラか。

ティーカップ、仮面ライダー、写るんです、名前を思いだせない友達

須藤歩実

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

『くびすじの欠片』批評会

東京に行くことをずっと悩んでいた。

いわゆる歌壇の方々と会うのは2年ぶり。

笹井君の『ひとさらい』批評会以来だ。

あれは福岡でやったから、東京に行ったのはもっと前のこと。

歌会だったか、ひょっとすると未来賞の授賞式だったか。

とにかくこんなのろい私が東京にいくのを決心したのは、野口あや子そのものだった。

『くびすじの欠片』の批評会に立ち会わねばならないと強く思ったからだった。

もうすでにこの批評会の内容についてはネットでも話題になっていて、わたしがここで書く必要はないと思うが、

10代から書いたという作品群はいわゆる青春を辿っていくことなく、主に自分や他者の内面へと潜り込もうとこころみる。

 くびすじをすきといわれたその日からくびすじはそらしかたをおぼえる 野口あや子

表題歌に採用された「くびすじ」だってそう。その線や肌触りを辿るわけではなく、

くびすじを擬人化することにより自らのパーツの意外な一面を発見しているのである。

彼女の作歌精神はかなりストイックである。大学生。小説のゼミに入ったらしい。

とにかく何かを必死に探している感じがある。

 すっぽりとこの世から消えたことなくて携帯の灯が点滅してる 野口あや子

探し物は現代短歌にあるのだろうか。

とにかく歌壇的にもセンセーショナルなデビューを飾り、新聞・雑誌(グラビア!)テレビやラジオにも出演して若手の羨望を集めている野口あや子。

久しぶりに会っても、本当にかわっていなかったのでほっとした。

あゆみさんはさらに美しくなっていましたね、と手紙をくれた。

わたしのなかの野口あや子株が急上昇した。

heart

おめでとう、あや子ちゃん。あなたの旅をずっと応援しています。

あゆみママより。

heart

『くびすじの欠片』野口あや子(短歌研究社)

http://www.tankakenkyu.co.jp/book/book200903.html

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

今年最後のおくすり短歌

明日の水曜日の毎日新聞朝刊に今年最後のおくすり短歌が掲載される予定です。

ほんで、今日は幼稚園のもちつき会でした。

わたしも重っいキネ持ってつきました。

今、ふるふると二の腕あたりに筋肉痛の兆しが・・・。

でもまだまだやることがたくさんあるからがんばらなきゃー。

新居が完成したので、きのうはカーテンを買いにサ○ダにいきました(サラダちゃうよ)

家の設計図に窓の寸法も書いてあったのですが、一応カーテンの長さを採寸してメモって行ったのですが、あまりにもごちゃごちゃに書きすぎていて、つまり私の手書きの窓の絵が四角ではなく丸っぽかったり、横の寸法を縦に書いたりしていたので、カーテンレールしか売ってもらえませんでした(汗)

カーテンレールをつけてから測ってきてくださいね~と笑顔のお姉さんに紙でできたメジャーを渡されたのでした。

本当にこういうの苦手。ものを定規で測ったり、人の身長を測ったり、苦手。

でもカーテンはさすがにジャストフィットしてもらわないと部屋が寒くなってしまうので、がんばらなきゃー。

なきゃー。

きゃー。

ゃー。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

おくすり短歌掲載&学級閉鎖

今朝の毎日新聞(九州版)におくすり短歌が掲載されました。

前回しめきりを・・・・しめきりを・・・(まちがえて・・・)いえ、著者の諸事情から一週遅れてしまったことから、今回の掲載まで3週間しかあかなかったので、あれ、また載ってるよーと思われた方もいらしゃるかも。

で、その原稿を送信してやれやれというところで娘がインフルエンザにかかってしまいました。

車に毛布を積み込んで、日曜の朝方、急患センターに走りました。

患者さん多いかな?と思っていたけれど、そうでもなく、すぐに診てもらえました。

連れていくのが早すぎたらしく、検査では陰性。でも周囲の状況(となりのクラスは学級閉鎖)からまずインフルエンザと思っていいでしょうということで、タミフルをもらってきました。

会計で「4500円です」といわれ、おたおたしてしまいました。夜間休日料金って高い~。

結局ガソリンランプがついているのにガソリン代がなくなったので、びくびくしながら帰宅。

いざというときのためにちゃんとお金をおいておかないといけないなあと反省(でもあったら使っちゃうのよね)

で、月曜日、娘の学校の先生がこられて「学級閉鎖になりました」と宿題をででーんといただきました。

連休明けまでこの熱の下がった元気いっぱいの他人に感染させる危険のある子を家につなぎとめておくのは、しんどいです。なにする?カルタとか?

いまのところ下の子にはうつっていないのですが、最悪下の子も感染していたら、あーーーー、家でなにすればいいんだろう。黒ひげ危機一髪とか?

今日はわたしも目がしばしばして片目だけ涙がとまりません。ストレスかもー!

同じようなお母さん、全国にやまほどいらっしゃると思います。がんばりましょう。(やっぱ、黒ひげしてます?)

はやくみんな元気になってね。そして学校はじまってください(祈)

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

おくすり短歌40回!深謝。

昨日、毎日新聞九州版で連載している「おくすり短歌」が掲載されました。

40回目。40回目?!

ご好評により(?)つづけさせていただいています。 

これからも地味なことを大げさに書き続けますので、よろしくおねがいします。

で、そのカブトムシの幼虫ですが、きのうケース越しに目撃しました。

定規で測ったら推定8センチ。わきにはドット模様が一列に並び、顔はいつかの新幹線のような。

つまり、キモかわいい・・・。

もぐもぐと何かを食べて、くるりんとあおむけになって、土を掘って遊んでいる。

あかちゃん。キモかわいいあかちゃん・・・。

とりあえず飼育方法はあっていたようでよかった。元気で育てよ。

しかしこれが25匹いるんだろうか。もう何匹か淘汰されたのだろうか。

来年の夏、どうなっているんだろうか。とつぜん寝室に羽化したカブトムシが飛んでくるなんていう事態になるのだろうか。

どきどき。

で、きがついたのだけど、わたしこのごろ虫とか小動物ネタばかり書いているなあ。

丘やどかり、蝉のぬけがら、カブトムシの幼虫。次は・・・実はまだ我が家にはとっておきのかわいい小動物がいるのでした。

そのはなしは、とっておこーっと。

パソコンのアドレスが変わりました。

ご連絡などありましたらこのHPのメールのところからおねがいします。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

そういえば

今年は石川啄木賞の募集がなかったなあ。

去年の受賞者や選考委員の方々には失礼かともおもいますが、あの賞が続かなくてよかったです。

今日は幼稚園の広報の仕事。ここんところ子ども関係の用事ばかりで、まあ楽しいのだけど、まあこのまま年を重ねてシミを増やしていってもいいのだけど、なんかちがうような…と思ったり思わなかったり。

いっそこのまま三人目を産むのもありかな(すでに身体は妊婦体形ですが)

と、あっというまにお迎えの時間。このごろむすこが優しいの。

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

かんちがい

短歌研究新人賞の締め切りは6月30日だと思い込んでいたのだ。

きのう、ある方から「応募した?」ときかれて、本棚にダッシュして確かめたら、締め切りは6月1日消印有効。ひっ、・・・ておくれ。

短歌をはじめてから毎年出していた賞だったので、残念。残念すぎて昨日は昼から食事ものどを通らなかったのだが(忙しかったというのもあるが)夜中にポテチを食べてしまったのでショックダイエットにはならなかった。

6月30日が締め切りだった賞といえば歌葉新人賞。そうだ、それで勘違いを。いやもういまさら仕方がない。また来年~。

と、大きな仕事が終わって(?)気が楽になった。

きのうは紫蘇ジュースをつくった。我が家の建設予定地にたくさん生えた赤紫蘇の葉をちぎって、あらって、塩であく抜きして、沸騰したお湯につけて、5分くらいで葉をあげて、砂糖、ハチミツ、クエン酸を目分量で。あとは煮詰めてできあがり。

冷蔵庫で1年はもつそうです。ソーダ割りがおすすめ。こどもたちはお水で割ります。

残ったしその搾りかすは、みじん切りにしてフライパンで乾煎りして、ジャコを一掴み入れて、砂糖、みりん、しょうゆで味付けて佃煮にしたら子ども達ばくばくたべていました。

道々すれちがったお友達に「紫蘇いる?」と配りまくって、そうね、ぞうさんのウエストくらいの量のしその束を7家族で分けました。みんなどんなお料理に使ったのかなー。

子ども達と土をいじっているといやなことを忘れます。

手帳に書いておいた大切なことを忘れた日、手帳には書かないことにたすけられ、ささえられました。紫蘇、来年も生えるかな。

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

日記

短歌を作っている。

毎年6月になると短歌研究新人賞の応募のために50首ほどは作るのだが、

今年はその他にも需要(?)があり、100首は作っておきたいところ。

テーマはだいたい決まってきた。あとは連作に編成したときにどこまで飛躍することができるか。

ということで題詠100首ブログはお休みしています(あ、これも100首!)

先日あるひとに力強く夢を語られてしまった。

それはすごいことなのだと思い、確かそういう風に返事をしたのだけど、実はいまいち共感できなかった。

夢って自分から語ってしまうと壊れていくんじゃないかと思う。

このごろ人に何を言われても動じなくなってきた。

あなたのこと、きらいです。といわれても、多分、笑っていられると思う。

「そうですか。わたしもきらいなんですよ、わたしのこと」

今は、静かに短歌に取り組みたい。

それからおととい、「おくすり短歌」が掲載されました。

毎日新聞九州版です。

連載も3年以上続いているので、もうシオドキじゃないでしょうか。

思えばいろいろなことを書いてきました。

家族のこと、子どものこと、短歌のこと、病気のこと、祖母の死、友人の死、

子どもを産んで3年というのは、ドラム式洗濯機のなかのような勢いでまわる生活で、しんどかったわー。

そういう意味で「おくすり短歌」はもう卒業する時期なのかもしれないなと思っています。

とにかく今は、短歌をがんばろう。

あー、それと我が家にペットが増えました。

たまごっち。

まめっち。

オス。3才。ようちえんにいきます。

昼間はわたしが(むすめから)預かって、面倒をみています。

出掛けるときもつれていきます。

面倒だなあと思っていたけれど、けっこうかわいいかもと思い始めた・・・。カラーのやつがほしい、とか。

catface

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

NHKで笹井くんの追悼番組が放送されます

先日NHK佐賀で放送された、笹井宏之さんの追悼番組が全国放送されるそうです。

4月からNHK短歌の選者になられる加藤治郎さんのご尽力があったのだと思います。

放送日はNHK短歌の時間帯です。

■ドキュメント「つながる~若き歌人 魂の交流~」


3月29日(日)教育 朝7:30~

再放送
4月2日(木)教育 朝5:05~

http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧