« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月22日 (日)

ヒッコス

実は来月、近所に引っ越すことになった。

終の住処になるわけだ。30年ローン。

そういうわけで引っ越し業者を決めなくてはいけない。

ネットで一括見積りというのをやってみた。

入力終了・・・送信・・・

3分後、電話。「○○引越しセンターです」

びっくりした。どこかでわたしをみはっていたのかと。

いやきっとすぐメールがいくのだろう。

結局その日電話があったのは5社。翌日2社見積もりに来て、その間にも電話が鳴り続けるような状態だった。

「なんでですかね、この状況」と来てくださった方にきくと、

大手が新規参入して福岡の引っ越し業界にも価格破壊の波がおしよせているんですよとのこと。

「た、たいへんそうですね。」

「はい!だから、もう、ぜひ!」

で、結局どこの業者さんに決めたのかは内緒ですが、我が家の荷物はダンボール60~70箱はあるらしい。

本が増えたからなあ。

でもぜったい処分できない。本だけは、むり。絵本も、むりー。

文庫本は処分しちゃおうかな、あー、でも、むり。むりー。

とりあえずそのダンボール70箱をこの部屋のどこに安置しておくのかというのが問題だな。

ちなみに引っ越し業者からの電話の嵐は、業者を決定するとぴたっとやんだ。

なんだか謎めいた世界だ。でもこういうひとたちのために勤労感謝の日はあってほしいなと思った。

今日は夫のバースデー。(あ、日がかわってる)

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

おくすり短歌掲載&学級閉鎖

今朝の毎日新聞(九州版)におくすり短歌が掲載されました。

前回しめきりを・・・・しめきりを・・・(まちがえて・・・)いえ、著者の諸事情から一週遅れてしまったことから、今回の掲載まで3週間しかあかなかったので、あれ、また載ってるよーと思われた方もいらしゃるかも。

で、その原稿を送信してやれやれというところで娘がインフルエンザにかかってしまいました。

車に毛布を積み込んで、日曜の朝方、急患センターに走りました。

患者さん多いかな?と思っていたけれど、そうでもなく、すぐに診てもらえました。

連れていくのが早すぎたらしく、検査では陰性。でも周囲の状況(となりのクラスは学級閉鎖)からまずインフルエンザと思っていいでしょうということで、タミフルをもらってきました。

会計で「4500円です」といわれ、おたおたしてしまいました。夜間休日料金って高い~。

結局ガソリンランプがついているのにガソリン代がなくなったので、びくびくしながら帰宅。

いざというときのためにちゃんとお金をおいておかないといけないなあと反省(でもあったら使っちゃうのよね)

で、月曜日、娘の学校の先生がこられて「学級閉鎖になりました」と宿題をででーんといただきました。

連休明けまでこの熱の下がった元気いっぱいの他人に感染させる危険のある子を家につなぎとめておくのは、しんどいです。なにする?カルタとか?

いまのところ下の子にはうつっていないのですが、最悪下の子も感染していたら、あーーーー、家でなにすればいいんだろう。黒ひげ危機一髪とか?

今日はわたしも目がしばしばして片目だけ涙がとまりません。ストレスかもー!

同じようなお母さん、全国にやまほどいらっしゃると思います。がんばりましょう。(やっぱ、黒ひげしてます?)

はやくみんな元気になってね。そして学校はじまってください(祈)

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »