« おくすり短歌40回!深謝。 | トップページ | おくすり短歌掲載&学級閉鎖 »

2009年10月 2日 (金)

さんすうのしゅくだい

毎日、娘の算数の宿題のまるつけをしている。
たしざんもひきざんも指電卓でやっているようだが、このごろ数え間違いが多くなった。
なんかイライラしているようで旦那に八つ当たりしていたし、どうしたのかな、疲れてるのかな、と思っていろいろ話してみた。

そうすると、お母さんはわたしより弟のほうをかわいがっていると思っていたらしい。
わたしもそうだった。子どもの頃いつもそうだった。
だからこのあいだの日曜日、旦那に息子をあずけて娘と興福寺の阿修羅像をみにいった。九州国立博物館。太宰府にある。

最終日だったのですごく混雑していた。
阿修羅のまえに四重の列ができていて、係りの人の掛け声に合わせて阿修羅のまわりを回っていくというシステム。「はい、みなさん15数える間にゆっくり移動してくださいね」、とアトラクション化している。
しかし奈良にいたときはガラス越しにしかみたことなかった阿修羅像を生で間近で見られて嬉しかった。美しい。うしろもみた。肌が見えている。腕がほそい。娘もアトラクションを楽しんだ様子。

あとの展示は遠巻きにみながら、仏像のはなし、興福寺のはなし、わたしが知っていることをゆっくり話した。娘もおもしろがっていろいろきいてきた。自分が住んでいたという奈良に興味をもったらしい。そう、あなたは2歳まで奈良県にいました。

弟は連れてきてもらえない特別な場所にきたように思ったのかもしれない。ずっと手をつないでいたから安心したのかもしれない。出口で記念写真を撮ったら、彼女はジャンプをした。

で、このごろ算数の宿題は満点がつづいている。一応めでたしめでたし、かな?

|

« おくすり短歌40回!深謝。 | トップページ | おくすり短歌掲載&学級閉鎖 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おくすり短歌40回!深謝。 | トップページ | おくすり短歌掲載&学級閉鎖 »