« 日記 | トップページ | ゆーゆーと »

2009年6月 6日 (土)

かんちがい

短歌研究新人賞の締め切りは6月30日だと思い込んでいたのだ。

きのう、ある方から「応募した?」ときかれて、本棚にダッシュして確かめたら、締め切りは6月1日消印有効。ひっ、・・・ておくれ。

短歌をはじめてから毎年出していた賞だったので、残念。残念すぎて昨日は昼から食事ものどを通らなかったのだが(忙しかったというのもあるが)夜中にポテチを食べてしまったのでショックダイエットにはならなかった。

6月30日が締め切りだった賞といえば歌葉新人賞。そうだ、それで勘違いを。いやもういまさら仕方がない。また来年~。

と、大きな仕事が終わって(?)気が楽になった。

きのうは紫蘇ジュースをつくった。我が家の建設予定地にたくさん生えた赤紫蘇の葉をちぎって、あらって、塩であく抜きして、沸騰したお湯につけて、5分くらいで葉をあげて、砂糖、ハチミツ、クエン酸を目分量で。あとは煮詰めてできあがり。

冷蔵庫で1年はもつそうです。ソーダ割りがおすすめ。こどもたちはお水で割ります。

残ったしその搾りかすは、みじん切りにしてフライパンで乾煎りして、ジャコを一掴み入れて、砂糖、みりん、しょうゆで味付けて佃煮にしたら子ども達ばくばくたべていました。

道々すれちがったお友達に「紫蘇いる?」と配りまくって、そうね、ぞうさんのウエストくらいの量のしその束を7家族で分けました。みんなどんなお料理に使ったのかなー。

子ども達と土をいじっているといやなことを忘れます。

手帳に書いておいた大切なことを忘れた日、手帳には書かないことにたすけられ、ささえられました。紫蘇、来年も生えるかな。

|

« 日記 | トップページ | ゆーゆーと »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日記 | トップページ | ゆーゆーと »