« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年10月

2008年10月 8日 (水)

福岡市文化賞

福岡市には文学賞と文化賞があって、文化の方はいろんなジャンルの方が受賞される。

画家、ピアニスト、詩人。今年は詩人の渡辺玄英さんが受賞された。

というのを新聞で知って、自分のことではないのだけど、ちょっと興奮している。

昨秋から渡辺さんのお話をきく機会が数回あったので、私もうれしい。それが地元の賞だっていうのが、いいなと思う。地道に努力していて、それが認められたということだから。おめでとうございます。

それから、同じく福岡で活躍されている歌人の末房長明さんが新しい歌集を出されました。

タイトルは『我楽庵雑記』(本阿弥書店)

末房さんのお父さまは戦死されて、お母さまがまさに女手一つで育ててくださったそうです。まったく知りませんでした。そのお母さまが「我楽庵」という老人ホームに入居されているということでこの歌集を編まれたそうです。

歌集を読んでいくと同じ福岡在住ということで近しい歌がいくつもあります。「聖福禅寺」と題された一連、わたしもいつもお参りしているお地蔵さんがいらっしゃるところなので、あー、そうそう!と思いながら読みました。

 境内に色あせて立つ赤煉瓦の煙突ここに何ゆゑならむ

 うら若き雲水ひとり脚立に上りて楠の枝を伐りをり

 定年後の話などして境内を足早にゆく大島史洋氏

 末房長明『我楽庵雑記』より

あ、大島さんが福岡歌会にこられたときに、案内されたのですね。まっすぐに対象を詠む姿勢が末房さんらしいなと思いました。それからお母さまを詠まれた歌。

 多欲なる母の個性をあらはして切り絵のコスモス隙き間なく咲く

 あと二年あるひは三年永らふる手応え見せて笑みくるる母

 同

一首目、下の句の写生が光る。二首目、確かにそう表現できる笑顔があるよなあと思う。しかし、あくまで「手応え」なのだ。祈りのような一首。

末房さんは私のことをなぜか「歩実!」と呼んでくださいます(!つき)。娘のように思っていただいてるのかも。いつもありがとうございます。今回もご心配をおかけしました。すこしずつ回復していますので、ご安心ください。歌集、ありがとうございました。

と、いつのまにか10月。息子は手足口病に。毎年かかるよなあ、この病気。口内炎がたくさんできて、バナナ1本食べるのに30分かかる。何をあげたら何分で食べるか、という実験をしていると思って、いらいらしないようにと念じつつ。ご飯1杯1時間はかかりすぎだと思う。ゼリーは3分だった。焼き芋は2切れ15分でダウン。今日は寄せ鍋を作る予定だが、予測→白菜1切れ20分、で私が根負けしてあとはご飯を雑炊にして、冷まして、30分。それでも食べさせないわけにはいかないしねえ。いや、1食くらい食べなくてもいいのかしらねえ。ああ、白菜をみじん切りにしたらどうかねえ。(そんな鍋はいやだ)(やだなあ煮たあとでみじん切りにするのよう)あ、みじんぎりにした野菜とお肉を、雑炊にいれたらいいのか。解決。さ、ごはんです~。

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »