« おしらせ | トップページ | 98% »

2008年7月 7日 (月)

即興詩

 歩く人

                    須藤歩実

思いとか、信念とか、愛とか、憎しみとか、

すべて人それぞれの琴線があって、

はじいたり、切ったり、切られたり、切れた線が頬を打ったり

傷つきますか、そこで歩くのをやめますか

歩きなさい

うしろになにがあるのだろう。虹か。それでも振り返ってはいけない

蛇か。それでも振り返ってはいけない。前をみつめ、足を出すしかないのだ

止まれ

歩け

止まれ

歩け

走れ

倒れろ、そして、立ち上がれ

ちいさな足は、もう赤く腫れ、膿みはじめている

歩け

ちいさな足を、膿んだ足を、大地にめりこませ、あゆむのだ

歩め。

そうだ、そこまでいけばもういい

振り返りなさい。ほら、

街が、小さく小さく、見える

(2008.7.7)

|

« おしらせ | トップページ | 98% »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

歩実さん、お久しぶりです。
リンクを貼ってくれてありがとう。
こっちも貼っておきました。
こちらも大切な友人がどんどん増えていって嬉しいです。
もっと増やそう、っと。

投稿: 細見晴一 | 2008年7月 7日 (月) 23時59分

あー、ハルイチ兄さん、いまコメントに気がつきましたよう。
リンク、勝手に貼ってごめんなさいねー。
ハルイチさんのゆるみ具合、最高です。
また京都で飲みましょうー。

投稿: すどうあゆみ | 2008年7月 8日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おしらせ | トップページ | 98% »