« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

供養。

福岡県立美術館に、祖父の遺品の春画の資料を寄贈した。

受け入れてくださった、学芸員の竹口さん、ありがとうございました。

春画。歌麿の作と思われるもの、などの原寸大コピー集。

私は、直視できませんでしたが、素敵なので、
機会があったら県美の図書室にみにきてください。
祖父は県庁の職員でした。
県美に寄贈できるような資料を遺せて幸せだと思います。

今日はcarinaさんと梅佳代さんの写真展をみてきました。
いやあ、男子ってあほで、素敵やわー!
と思いました。

かっぱえびせん耳と鼻につめて、口にぐあーって詰め込んで、
ほんで笑えるところがすごい。

天神のイムズで開催中。
機会があればどうぞ。おすすめ。

| | コメント (0)

小倉にて

小倉にいきました。
渡辺玄英さんの講演。

講演中、はなしの流れから、わたしマイクで「花」(作詞・喜名昌吉)を歌いました。
詩人のおともだち、浦歌無子さんhttp://tsukishiro.net
歌うまいねーと言われ、複雑。
短歌じゃなく、歌を歌うのが上手いねということ?!というと
「あ、あ、すどうさんの短歌もすきよ、すきよ」とまじめにフォローしてくれた。
そう、浦さんはチャーミングでまじめなの。だからすき。
玄英さんのレジュメに加藤治郎、穂村弘、笹井宏之、各氏の代表作、近作が並んでいた。
詩人ってこういう歌の読み方をするのかとカルチャーショックを受けた。
それが悪いとかいいとかではなく、作品に近づいていかないんだなあと思った。

距離をとってみる絵画のように、歌を読むのだなあ。

ちょっと寂しく思うのは、やはりわたしが短歌の批評に慣れているからだろう。

今日のレポートをまとめる余裕はないけれど、たくさんいろんなことを教わった。

現代詩も読もう、と思った。
久しぶりの人、普段会えない人に偶然出会ったりして、スペシャルな一日だった。

毎日新聞西部本社の入口で浦さんと二人迷ってしまったが、なんとか入れてもらえた。玄関を間違えていたらしい。担当の報道デスク宮本さんにコーヒー2杯もごちそうになった。
浦さんは朗読を披露した。前回聴いたのは去年の11月。今回の朗読は本当によかった。テキストがまず、すばらしかった。詩集を近々出版されるらしい。ぜひ中也賞に応募してもらいたい。
で、わたしは笹井宏之くんのお父さんのライフワークについて紹介をした。
碗琴。有田焼をたたいて音楽を奏でる。
有田焼を厳選して、たたきまくって、その音階のお皿やお碗をみつけてきて、演奏をする。
日本では、この筒井さんしか碗琴奏者はいないそうだ。
というのも、いったん途絶えてしまった碗琴の音色を復活させたのが、筒井さん。
それが、『ひとさらい』の笹井くんのお父さん。
毎日新聞の宮本さんは、お碗の重さが15gちがうと半音かわるという実験をされたという話に感心をしていらした。
そこまで真剣にやっているんです。そこまでして碗琴をまもろうとする人々が有田にいるんです。ということを伝えたかった。
それから、まあ、いろいろおはなしをして、なんやかんやで1時間も毎日新聞におじゃましたあと、新幹線で帰ろうとしていた。
切符を買っていると、浦さんが「あーーー!」という。知り合いにばったり出会ったらしい。
その方はVJという仕事をされているmotordriveさん。
毎月最終日曜日、19:00~アップルストア福岡天神店でVJのワークショップを開いているらしい。
その、まあ、通勤時間にかちあったわけだ。
3人でひかりレールスターの3人掛けのシートにすわる。
何を話したのかわかんないくらい楽しかった。
未知の空間が福岡にある。
わくわくした。が、イベントはほとんど夜開始。ママは参加できません。
残念。でもいつかみにいこうと思う。
わたしは、そういう場所があると知ると、いてもたってもいられなくなる。
好奇心が強すぎるのだ。長所でもあり短所でもあるが、このごろは長所だと思うことにした。
ポジティブに生きていけば、いつも笑っていれば、いいことがある。
このごろ、そう痛感している。
今日もおもしろそうな予定が入っている。
また報告します。
動けば動くだけ、いいことがある。本当に不思議だ。でもからだが悲鳴をあげはじめている。こういうときは歌がたくさんできる。


虐待しているのだろう、自分を。自分の詩のために、歌のために。
まあいい。死にはしない。好きなだけ傷つければいい。わたしはここに立っている。なにも持たずに立っている。すがすがしいきもち。

ある方が、知り合いではなかった方が、啄木賞に応募した作品の中で、この作品を好きだといってくださった。
垂れこめた雲に溺れる冬木立ほしいほしいあなたがほしい
須藤歩実
福岡県立美術館所蔵の高島野十郎の「早春」という絵から詩を感じ、歌に表現したのだが、
それが評価されたことを嬉しく思う。

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

あゆみ主催絵本大賞発表!(副賞なし)

> いま 地球にはどのくらい 人がいるか

>知っている?  60おく人いじょうもいるんだって!

> それに この本を よむのに 1時間かかるとして

>よみおわるまでに 9000人も ふえているんだ。

>1年にしたら なん千万人にも なるね。

> 66おくの人が 手をつなぐと 長さが やく900万

>キロメートルで 赤道を 225しゅうするよ。

>月までの きょりのやく23ばい。

> そんなに たくさんの 人が いても 同じ人って

>いないよね。生まれた 時から みんな 一人一人

>ちがっているんだ 

(『せかいのひとびと』ピーター・スピアー えとぶん、松川真弓 やく、評論社より引用)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9B%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%B3%E3%81%A8-%E5%85%90%E7%AB%A5%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%83%BB%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BC/dp/4566002470/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1214429289&sr=1-2

ときどき、いや年に一度だけ、

こういう本に偶然出逢ってしまう。

去年は『ワイズ・ブラウンの詩の絵本』

(ワイスガード 絵、木坂涼 訳、フレーベル館)

diamond

今年のあゆみ主催絵本大賞は、この『せかいのひとびと』に決定しました。

すばらしい絵本です。

大型絵本です。

でも1500円。安い。

私だったら貧乏だけど、たとえ1万円だったとしても買う。

でも子どもがおこづかいで買える値段でよかった。

もっと流通すればもっとよい。

マリノアシティというアウトレットモールの 子どもの雑貨や珍しい絵本を置いている旭屋書店のキッズ向けショップで発見した。

店員さんにきいた。「これ、すばらしい本ですね。売れていますか?」

「 いえ、あまり、出ませんね」 そっけない答えが返ってきた。

しかし、わたしが買ってきた、本は子どもの手に届くところに展示されていたから、

表紙のカバー若干よれよれになっていた。

ああ、子どもはちゃんと読んでいたんだ。

大人が買ってあげないだけなんだ。

買えよ、大人たち。絵本って買わないと絶版になるんだぞ。

買えよ、大人たち。あんたたちの孫の世代に、いい絵本がなくなっていてもいいのか?

買えよ、大人たち、絵本を躊躇せずに、買えよ。

たばこを3箱我慢して、絵本を買えよ。 子どもに本を買ってあげなよ。

『せかいのひとびと』はわたしの宝物だから、 友人に貸し出すのはやめる。

ただし、わたしが、うちの子とうちに遊びにきた子どもたちに 読み聞かせる。

こころを込めて。

愛を込めて。

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

おくすり短歌 6月

以前、元気のないときに、

友人の松木秀さん(北海道在住の歌人。第一歌集『5メートルほどの果てしなさ』でおととしの現代短歌協会賞(短歌の芥川賞のようなもの)を受賞。歌集はブックパークで好評発売中。http://www.bookpark.ne.jp/cm/utnh/detail.asp?select_id=50

から

>つないでもさみしいはるのゆびさきをそれでもかさねあって、みずいろ
松木秀

という歌をぽんと渡された。(もちろん北海度と福岡で離れているから、ネット上で、ぽんと、書いてもらったというかんじ)

わたしは、この歌に、かわいた心を潤してもらった。

詩の言葉のやさしさ。おおらかさ。

100回の「がんばって」より、1首の短歌のほうが効果がある。

私の心の奥底に、みずいろが届いた。

松木さん、ありがとう。

返歌を書きました。

今朝掲載された、毎日新聞の短歌コラム「おくすり短歌」で書きました。

ribbon

歌うように笑って歌うように泣いて歌うように愛したら 虹いろ
  

最近、忙しい。

まず、保育園ママたちと仲良くなった。

きっかけは芋の苗植え。

「近所の畑でサツマイモを作るので、秋に芋を収穫したい人は集合。親子で苗植えをします」と

PTA会長さんに半ば強制的に集合をかけられ、

都合のついた保護者が十数人参加した。

私も締め切りの迫った原稿があったけれど、しぶしぶ行った。

保育園ママたちとはゆっくり話をしたことがなかったし、

お互いの職業もフルネームも知らない。

まあ今回も世間話をして場を持たせようと思っていた。

すると、ある男の子のママが、

うちの娘が年中クラスの時から平仮名を書けていたことに興味を持っていたそうで、

どう教えているの?と訊いてきてくれた。

「あれね、勝手に覚えたんだよ。

私も本が好きで、文章を書く仕事をしているから、

自然に興味を持ったみたいよ」と答えたら、蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。

文章を書くって、どこに?

いや、毎日新聞に。子育てのエッセイ。

新聞に?すごーい。

すごくないよ。本職は歌人なんだ。短歌をつくるの。

え?短歌?すごい。今度遊びにいっていい?

そういうわけで、毎日のように友人が子連れで遊びに来てくれるようになった。

私は友人の愚痴や悩みをうんうんと聞きながら、

子どもたちと遊ぶ。

絵本を読んだり、カルタをしたり、シャボン玉を飛ばしたり。

で、思った。

わが子を社会の危険から守るためには、

他の親子と関わり、理解する努力をしないといけないな、と。

自分から心を開けば、相手も心を開いてくれるんだ。

忙しい。でも毎日が楽しい。

                        須藤歩実(歌人)

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

山の子と町の子

山(夫の実家付近。天山のふもと)の子どもを見た次の日に、

町(といっても福岡市の郊外ですが)の子どもを見ると、

ずいぶんと違うなと思います。

体格もちがう。筋肉のつき方が違う。

目が違う。目の輝きは同じなのだけど、目の開き具合が違う。

山の子はしっかりと世界をみつめている。

町の子はみつめられない。

世界をみつけられないのです。子どもの世界を。自然を。

きょろきょろする子もいる。

あきらめて目を閉じる子もいる。

なかには頑張って目を開こうとする子もいて、

みんな傷ついていく。

自然をなくした町に、人間関係に、

自然を戻したい。

詩をなくした町に、詩を。

詩を知らない子に、詩を。

詩をもっている子に、紙とえんぴつを。

詩を書いている子に、素敵だね、の一言を。

このくらいなら、わたしにもできる。

キャンディーをひとつずつ配るだけです。

わたしが、みなさんからもらったキャンディーを

子どもたちにおすそ分けするだけです。

明日はおくすり短歌の掲載日です。
(宣伝です。毎日新聞九州版です。買ってね!)

| | コメント (0)

2008年6月21日 (土)

新作「あじさい」15首

今月は、歌が15首できました。

ほとんど、友達に贈った歌を推敲して作ったものです。

自分では気に入っています。

タイトルは「あじさい」といいます。

お時間のあるときに読んでみてくださいね。

snail

   あじさい
                           須藤歩実

たった今生まれたわたしを昔から知っている人がいて がっかり


六本木ヒルズにあるかは知らないが雨の日の紫陽花がすきです


なかないであなたはきっと青空にかえるかえるあなたはかえる


360囲まれなくて280くらいだから故郷なのかも


傘をさす私の横で紫陽花は傘より雨を喜んでいる


黒鍵をみますか白鍵をみますかそのなかで鳴る人をみますか


紫陽花が居場所をなくしてゆく故郷 北斎の富士はボストンへ飛ぶ


僕が与えたものは捨ててほしいという わたし、池に沈んだリング


一日に一冊童話を借りにくるゆうちゃんと初恋をしてみたい


「男の子ってばかばっかりで嫌いなの」そうね、ばかばっかりだから、好き


大塚愛の歌がすきっていうけどさ、さくらんぼって恋じゃないかな


抱きしめることができないあみちゃんのママはアルバムを持っていない


もうやめてくださいホームセンターで割れないシャボン玉を売ることは


抱きしめたばかりの人が怒るって教室ではよく起きるできごと


22センチの運動靴をねだれずに少女は今日も足を縮める


                         (2008・6月作歌)

| | コメント (2)

2008年6月19日 (木)

石川啄木賞発表!

あるお友達から夕方にメールがきて、

おとといくらいに送ったメールの返事だったのだけど、

「 石川啄木賞の佳作、おめでとう」と書いてあって、

驚いた。知らんかった。

ホームページで発表になったのね。

http://www.hokumei.co.jp/

姫路の歌崎功恵さんが受賞ということは、

本人から電話を即いただいたので 知っていたのだけど、

佳作に未来の大庭礼治さん。

同じく笹井宏之くん。

そして、わたし。

ささいくーん、これを機に第二歌集を出そうと 思っていたのかい?(副賞は歌集出版権)

(そうは問屋がおろさない)(冗談だよ、おめでとう!がんばったね)

わたしの大切な短歌の友人の名前が

4人並んでいるホームページを プリントアウトした。

歌さん、受賞、おめでとう。 あなた、本当に平成の啄木(女版)だよ。

大庭くん、おめでとう。 あなたは、啄木(男版)。

ささいくんは、まあいいよね。 『ひとさらい』があるもんね。

石川啄木賞のますますの発展を 心からお祈りしています。

選考委員の方々に 心からお礼を申し上げたいです。 ありがとうございました。

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

書斎ができた

母の事務所にあった、いらない勉強机みたいな木製の机

(でもけっこう新しい。しかもうそっぽくJILL STUART と書いたステッカーが貼ってある)をもらって、

今朝から大掃除。

うさぎと荷物の部屋に成り果てていた8畳くらいの洋間の窓際に

(北向きだけど、保育園に面しているので、にぎやか)

書斎をつくった。

そこに、パソやプリンター、読みかけの本や、事典。

レターセットやスクラップブックなんかを整理すると、

なんだか居間もすっきりした。

いままで居間の片隅でちいさくなって短歌を、エッセイを書いてきた。

今日からは机で書ける。足を伸ばして書ける。

でも、まだ背もたれのないパイプ椅子を使っているけれど。

でもでも、すごくうれしい。

午後は、天神にある画材屋さんで、

貝を材料にしてできた絵の具を数種類購入した。

小さいサンプルみたいな、タブレット状のもの。

絵筆をぬらして、そのタブレット(かなりうまそうな色)にふれると、着色されるらしい。

9個で1000円くらいだった。

本当は岩絵の具がほしかった。

でも高かった。 やたら高かった。

貝だと安く、岩だと高い。 日本画の画材、おもしろい。

新天町の近くのすみちかにあるよ>福岡のおともだち

www4.j-pal.ne.jp/yamabum/

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

未来6月号

『未来』6月号が届きました。

今月は、特選でした。

cat

有機野菜のポトフに塩を足すように保護者会総会がはじまる

愛されていないと呟く母の手でみるみる剥かれてゆく晩白柚(ルビ:ばんぺいゆ)

少しずつお皿を割ってゆく母を「おかあさん」と指すひとさしゆび

失った空のパズルの一片は大丈夫この部屋にあるから

ももいろの湯船に浸すてのひらの小さな池は透んでみえるね

飛べなくなった燕が一羽いるだけで下校時間は美しくなる

おかあさんの夢をみたのと目に砂が入ったように言う女の子

字足らずなあなたと過ごす字余りな時間が好きで定型にいる

あの山が霞んでみえてあの山の名前を探すふるさとの地図

春先に黄色い雨が降ることを子らと一緒に覚えて暮らす

dog

それと、黒瀬からんさん、2年間、時評執筆おつかれさまでした。

以下、最終回から引用です。

>だから僕は語ろう。

>権威ある数多の賞に輝く歌人の貴方も、

>日記の末尾になんとなく初めての一首を残した貴方も、

>第一歌集の出版に野望を燃やす貴方も、

>一人残らず「短歌」のフィールドに点在する

>個別かつ均等な媒体に過ぎず、

>誰もが特権化されることはありえない。

>短歌はその本質として

>「大衆」を通過する河であり、

>「短歌の大衆化」などという矛盾と欺瞞に満ちた言葉が

存在しうるはずもない。

(『未来』6月号 黒瀬珂瀾・時評「最後の挨拶」より特に感動した部分を抜粋)

からんさんの時評を読めなくなるのが寂しい。

率直な、愛のある、そして、なにより公平な、明晰な時評だった。

結社の内外で、ファンが多かったはずだ。

からんさん、おつかれさまでした。

『現代詩手帖』の連載もがんばってください。

| | コメント (0)

きいろい金庫

今日は実家から、勉強机をもらってきました。

それで、書斎を、短歌を作るスペースをつくるつもり。うさぎの部屋に。

実家の荷物を整理していたら、わたしが小学校のときに使っていた金庫が出てきました。

ダイヤルがついていて、10に合わせたら開くんだよなあーとかいいながら、

10に合わせたら、本当に開いた!

覚えているもんだなあ。

両手に乗るくらいのサイズの黄色い金庫。

蓋に貯金箱みたく細長い穴があいている。

そういえば、その金庫を私、とっても気に入っていたのに、なんで実家で眠らせておいたかというと、

うちの2つ下の弟が暗証番号を知っていて、

こっそりわたしの財産を搾取していたのがわかったから

(一日500円ずつとかね、巧妙な手口だ)

とてもじゃないが、そんなところに財産をしまうことはできない。

あわてて中身をとりだして、金庫を押入れに放り込んでしまったbearing


そんなことを思い出しながら、やっと金庫を取り戻して、

母がくれた紙袋に入れてもってかえってきました。

そのあと、母の誕生日のプレゼント(ライオンキングのS席チケット)を

キャナルシティに買いにいきました。

いい席がとれました。

しかもマチネ料金で。

たのしみだわあhappy02

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

ロト6

きのう、天神のジュンク堂へ寄って、児童書を3冊(ロボットカミイ、エルマーのぼうけん、ももいろのきりん)買い、ついでにとある歌書と山本哲也さんの詩集を買い、いつもの宝くじ売り場(イムズの横)でロト6をせっせとマーキングしていた。

そしたら、しらない外国人がなにやら売り場のおばちゃんと相互コミュニケーションがとれず、困っていた。「キャリーオーバー!」と叫んでいた。ロト6がほしいらしい。

仕方ないから、通訳をした。買い方を教え、今週の金曜日にここにくるんだよ、そして、あたってるかどうか、おばちゃんに見てもらうんだよ、といった。英語で。わたし、まだ英語しゃべれたんだなあ。びっくり。

そしたら、その人、「ナイス・ヘアー、ジャパニーズ?」といって
わたしの髪の毛を自然にさわってきた。
嫌な気持ちはしなかった。
こころからそう思っていることが伝わったからだ。

イエス、ジャパニーズ。
あたりますように。

サンキュー、シーユー!

サンキュー、ババーイ!


ああ、今週こそは、あたりそうな気がする。ロト6・・・。

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

新作一首

完璧を求めるわけじゃないけれど、これはチェダーチーズの穴ぼこ

須藤歩実

| | コメント (0)

忙しくて、幸せ

最近、友達が激増している。

いや、もとから友達だった人もいるし、新しく知り合った人もいるのだけど、

自分を理解してくれる友達が激増している。

感動のしっぱなし。

今日なんか、朝、ごはんも食べる暇なく手紙を書いたりメールを返したりしていたら、

宅急便がきて、それは福岡歌会の先輩からだったのだけど、

手作りクッキーがたんと入っていた。(Kさん~、ありがとう!ってネットで言っても伝わらないから、お礼の葉書を書いたところ)

おなかも、こころも満たされて、東京の伯母ちゃんに電話をした。

伯母ちゃんと話をするのも楽しい。

(伯母ちゃん、忙しいときにごめん。また明日電話する)

母ともゆっくり話をした。

今度ライオンキングを観にいく約束をした。

父には父の日に焼酎を贈る予定。

おいしい芋焼酎を知っている人いませんか?

どんな焼酎がいいんだろう。迷っています。

というわけで、やたら忙しいので、

すんなり眠れるようになりました。7時間くらいぐっすりと。

ご心配をおかけして、すみませんでした。

わたしは、元気いっぱいです!

あゆみ

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

めざまし占い

眠れない日々が続いている。

朝は好きだ。
昔は朝、早起きをして宿題をしていた。
大学のときはなまけて寝てばかりいたけれど、
会社にはいってからは、朝、ぼうっと一日のスケジュールを考えるのがすきだった。
テレビはめざましテレビ。

 週末の占いは2位。夏服の襟を盗んで栞をつくる
 須藤歩実(角川『短歌』2007年6月号)

わたしの総合誌デビュー作品のうちの1首。
もう、これ、去年のいまごろ作った歌になってしまったんだな。
めざましテレビの占いは、家族で欠かさず見ている。
けっこう当たるんだ。誰が考えているんだろう。

雨の音がきこえる。
つま先が冷えてきた。
あたたかいお茶をいれようか、
あたたかいミルクにしようか。

えみさん、今日もやっぱり眠れなかったよ。
ふああ。

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

園外保育

今日、娘が、園外保育のお知らせを持って帰ってきた。

年間行事にはなかった予定。行き先は防災センター。

案内にこう書いてあった。

>先日、子どもたちに中国の四川州での地震が起きたことを話しました。

>子どもたちと防災センターで地震や火事について知ったり、体験したりしたいと思います。

思い出した。

先日、「おくすり短歌」のコピーを娘の担任の先生に渡して、

地震で子どもたちがたくさん亡くなったことを、

ぜひクラスで話してほしいとお願いしたのだった。

保育園では、毎月避難訓練を実施している。

おかげで子どもたちは非常ベルが鳴れば速やかに避難できるようになった。

でも、なんだか地震や火事を楽しみにしているような感覚なのだ。

ベルが鳴って、友達と外に逃げる。

避難訓練も子どもにとっては、刺激的な「遊び」にすぎないのだ。

そういう話も、担任の先生にしたように思う。

先生は、朝の忙しい時間帯にもかかわらず、うんうんと私の話をきいてくれた。

小さな保育園の小さなアクションに、わたしはまたもや感動した。

最近、いいことばかり起こる。

不思議で不思議でしょうがない。

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

かわわかわわかわくだり

今日は、柳川で川くだりをしてきます。

子供たちを草スキーのときに使う赤いそりに乗せて、
船頭さんの真似をして、川くだりの練習をしました。

「ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらん、はーい、トンネルをくぐりますよー、頭を下げてください」

そりをテーブルの下へすべらせる。子供たちは、きゃーと喜ぶ。

もういっかい、もういっかい、おかあさん。

はーい、白秋先生のおうちはもうすぐですよ。

きゃー、もういっかい、おかあさん。


本物の川くだりが楽しみだ。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »