« おくすり短歌・5月(全文) | トップページ | 月参り »

2008年5月29日 (木)

えみさんの日記

5月24日の笹井宏之歌集『ひとさらい』批評会に

全国からたくさんの方が集まってくださいました。

わたしの会いたかった人に、いっぺんで会えてしまった。

つまり笹井くんの人と歌の引力に

わたしの友人たちがまんまとひっかかったというか(笑)

しあわせな会でした。

なかでも心の姉、伊津野重美さんに会った瞬間

わたし、涙が止まらなくなって、

みんなを驚かせてしまいました。

なぜだかわからないけれど、えみさんの顔をみたとき、

ああ、わたし、救われたと思ったんです。

くらいくらいトンネルを抜けたらそこは、

あたたかな草原でした。

そこで草の実をつけた友達が

たくさんわらっていました。

えみさんが日記にその批評会のことを書いてくれました。

http://pigeonblood7.blog55.fc2.com/blog-entry-460.html

朝から何度も読み返して、泣いています。

なんて美しい人なんだろう。

わたしは神様に感謝しなければいけない。

すばらしい友達に出会えたことを。

ありがとう、笹井くん。君のおかげだよ。

歌を、続けていこう。ずっとずっと。

|

« おくすり短歌・5月(全文) | トップページ | 月参り »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おくすり短歌・5月(全文) | トップページ | 月参り »