« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

おくすり短歌・11月

先日行われた福岡市文学館のイベント「短歌の祈り・詩の言葉」の感想を毎日新聞で連載しているエッセイに書きました。

バースデーケーキのホイップクリームに
触れた中指が渦を描く

 先日福岡市文学館の「短歌の祈り・詩の言葉」というイベントに参加した。神奈川県在住の歌人・伊津野重美(えみ)さんを招いての朗読会。
 伊津野さんはその小さな声と体で、詩を祈りまでに昇華することができる稀有な存在。

わたしにはなんにもなくてわたしにはこわいくらいになんにもなくて 伊津野重美

たった一人の母を許せずたった一人の母を憎めず堕ちてゆく 闇 同

 歌集『紙ピアノ』には危篤状態に陥ったほどの病気や家族から暴力を受けたことを詠んだ歌もある。しかし愚痴らしいものはない。ただ愛されたい、愛したいという強い願いを感じる。それらの歌を声に出して読んだとき、その場にいる人たちまで愛してしまうのが伊津野重美の表現だ。間近で聴いていた女性が数人泣きだしてしまった。

生きるのは苦しい。誰かに救われたい。でも救われたいのは私だけではない。みんな同じなんだ。伊津野さんから勇気をもらった。
まず身の回りの人から精一杯愛してみよう。単純な私は夫の誕生日にケーキを焼いた。「手作りケーキなんて初めてだよ!」と喜ぶ夫。よしよし、私もやればできるのだ。

しかし夜中、ごそごそと胃薬を探す夫を目撃。食べ過ぎて胃がもたれたそう。免疫のない夫には私の愛情が少し重すぎたようである。

         須藤歩実(未来短歌会)

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

福岡歌会11月

10人くらいの歌会はいい。ゆっくり批評できる。一首一首に丁寧に向き合う時間がある。

毎月の歌会は座る席がだいたい決まっている。わたしは窓に背を向けて座る。そして、今日は斜向かいの稲光さんの指定席に白百合の花瓶と遺影が置かれた。

稲光さんは小児科医だった。いつも優しい紳士だった。

白百合は蕾がちで、控えめに咲いていた。稲光さんの批評で思い出すのは、「なんとなく救急車のサイレンが気になる」と詠んだ欠席者の詠草にみんなが「なんとなくって甘いよね」などと言うなか「この人は体調悪いんじゃないかな。健康に自信がないんだ」と心配そうに言われたこと。さすが!と尊敬したものだった。愛情をもって人にも歌にも接した方だった。

ご冥福をお祈りします。


虐待に頭蓋陥没のみどり児は愛撫にかすか表情ゆるぶ
稲光信二(未来11月号)

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

朗読イベントに出演します。

パソコンが故障していたので、更新できませんでした。

すみません。すみません。

実は今度の17日の伊津野重美さん来福朗読イベントのトーク部分にちょこっと出演させていただけることになりました。

こういうイベントに出るのは初めてなので、きんちょう。

何話したらいいんだろう、と不安。

でもだいじょうぶだよ、なんとかなるよと共演者の方々。

うるる。がんばります。

以下告知です。

福岡市文学館朗読イベント「短歌の祈り/詩の言葉」
http://www.city.fukuoka.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AM02022&Ft=AC02022&Cc=7d733ce13fd

福岡市文学館では、多方面から高い評価を得ている注目の歌人(短歌)・伊津野重美さんをゲストに迎え、朗読パフォーマンスを紹介します。また、福岡在住の詩人・渡辺玄英さん、浦歌無子さんによる「現代詩」の朗読パフォーマンス、出演者による「短歌」「現代詩」という異分野トークも行います。

□日時
平成19年11月17日(土)14:00~17:30
□会場
福岡市文学館(福岡市赤煉瓦文化館)
http://toshokan.city.fukuoka.jp/docs/bungakukan/html/bungakukan.html
福岡市中央区天神1丁目15-30
(市営地下鉄/「天神駅」下車16番出口から徒歩約5分)

□入場料
1,000円(要事前申込・要整理券)
□申込方法
往復はがきに「住所・氏名・年齢・電話番号」を記入し、必ず今回のイベント名「短歌の祈り/詩の言葉」とお書き添えの上、福岡市総合図書館文学・文書課宛送付してください。(申込みは1通につき1名・1講座のみ)。応募者多数の場合は抽選となります。
□申込先
〒814-0001
福岡市早良区百道浜3-7-1 福岡市総合図書館文学・文書課
□申込締切
平成19年11月6日(火)必着

◆出演者紹介
伊津野重美(イツノ エミ)
1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。2005年に第一歌集『紙ピアノ』(写真/岡田敦)を風媒社より刊行。自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとのコラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は祈りのようでもある。

浦歌無子(ウラ カナコ)
詩集に『水月』『雲の指』『薄荷糖(Culler00~02)』(つきしろ書房)他。他分野のクリエイターとの共演イベントを数多く手がけ、詩を朗読しながら、パティシエールによる詩と同タイトルの創作スイーツを饗するなど、言葉との新しい触れ合いを提案している。

渡辺玄英(ワタナベ ゲンエイ)
口語、私語、サブカルチャーの領域から詩の「現在」への接近を企て、詩界のニューウェーブを代表する。「新しい言葉の自覚した使い手の最も先鋭なひとり」(高橋睦郎)。詩集に『液晶の人』『海の上のコンビニ』『火曜日になったら戦争に行く』など。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »