« うさぎの呼吸 | トップページ | 源氏物語 »

2007年5月 5日 (土)

若気の至り

こんなに更新の少ないブログに日に何度も足を運んでくださる方がいることを知りました。(ココログにもアクセス解析がついているのですねー!)ありがとうございます。

あちらこちらでいろいろあるようで。歌壇でも、ネット短歌でも。

わたしはそれを見て、うらやましいなあと思います。正面きって若造の拙文を相手にしてくれる先輩が短歌の世界には存在するのです。そこで学ぶものは大きい。本人はもちろん、その世代の読者にとっても。

角川『短歌』5月号の佐佐木幸綱さんへの松村正直さんの反論文は誠意を感じました。それにいたってシンプルでした。これで解決、という印象。佐佐木さんにも伝わったのではないでしょうか。

cocoaさんと枡野さんのほうは、枡野さんのほうに共感・・・かな。

わたしにとっての師匠ははじめから多分最後まで加藤治郎さんだけなのですが、枡野さんのサイトはいつもチェックしています。勉強になるからです。

いろんな人の影響を受けて、自分の作品をのこしていくのだと思います。尊敬する歌人を一方では疑いながら吸収していくものだとは思うのですが、安易にその歌人を「卒業しました」といって全否定してしまうと自分のなかで矛盾がおきてしまう。

すでに吸収しているものを放棄することはできませんからね。

口語の可能性はまだもうちょっとあるはず。わたしはまだ口語の歌にこだわりたいなあと思いつつ、今月の総合誌デビューの機会に下手な文語を使ってしまった。若気の至り、ばんざい!

というわけで、5月25日発売の角川『短歌』6月号に8首寄稿しました。

お近くの書店で買って読んでくださいね。詩歌コーナーですよ、もちろん。立ち読みして「須藤・・・これかあ!」と笑い転げないように!よろしゅう。

|

« うさぎの呼吸 | トップページ | 源氏物語 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うさぎの呼吸 | トップページ | 源氏物語 »