« 源氏物語 | トップページ | 山中智恵子&「おくすり短歌」5月 »

2007年5月26日 (土)

角川『短歌』&毎日新聞

今日はお知らせが2つあります。

ひとつは昨日発売の角川『短歌』に「少年」というタイトルで8首発表させていただきました。

これはわたしの短歌総合誌デビュー作品になります。つたない詠みぶりで編集部に作品を送ってからもなんだか心配でしたが、ちゃんと載せていただきました。ほんとうにありがとうございました。

 週末の占いは二位。夏服の襟を盗んで栞をつくる

                   須藤歩実「少年」

『短歌』は全国の書店にありますよ~。

http://www.kadokawagakugei.com/zasshi/tanka/

そして、もうひとつ。今日の毎日新聞九州版に「おくすり短歌」が掲載されています。

今回は14回目。ちょっと過激な歌をつくりました。

 ぼくが撃つから死んで、グリルの塩鮭が焼けたら生きかえってね母さん

                   須藤歩実(エッセイ「おくすり短歌」より)

ぜひぜひ読んでくださいね。そして読者の方の意見をうかがえたらうれしいです。

よろしくおねがいします。

|

« 源氏物語 | トップページ | 山中智恵子&「おくすり短歌」5月 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 源氏物語 | トップページ | 山中智恵子&「おくすり短歌」5月 »