« 「花は自から紅なり」 | トップページ | 若気の至り »

2007年4月24日 (火)

うさぎの呼吸

昨日、天神南から地下鉄にのって、携帯で作歌していた。
ついでにエッセイも書いていたら、終点の橋本についていた。

あ、降り損ねた。。

最近はどこでも作歌できるようになってきた。前は家のリビングか車の運転席でないといけなかったが、どこでもよくなったのはうれしい。が、ちょっと危険。

ちなみに子どもと一緒のときは短歌のことは一切考えないようにしている。そのかわり子どもが見ているものをしっかり取材する。それが短歌の時間に役立つ場合もある。わたしの歌に体の部位や玩具が多いのはそのおかげだろう。

角川『短歌』5月号の公募短歌館に一首掲載された。田井安曇さん、栗木京子さん、加藤治郎さんの共通選。実は4首出したのだが三人ともこの歌を選んでくださった。

 立て襟のコートに唇をかくしつつここはうさぎの呼吸で行こう
 須藤歩実

わたしはうさぎの鼻がすきだ。ときどき夢に出てくる。おおきなうさぎの鼻がくんくん近づいてくる。わたしはなんだか安心する。ああ、うさぎの鼻があったら大丈夫。ここは安全だ。

その次の瞬間、うさぎがわたしの腕をつかむ。ちがう、わたしはうさぎじゃない!ちがう~~~(けっきょく悪夢)

★「おくすり短歌」今週土曜日掲載予定です。二年目突入。よろしくおねがいします!

|

« 「花は自から紅なり」 | トップページ | 若気の至り »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「花は自から紅なり」 | トップページ | 若気の至り »