« おくすり短歌2月 | トップページ | 観覧車つくると? »

2007年4月 6日 (金)

リサイクル

ひさしぶりに人に感謝されること(祖母の遺品整理)をした。

身体はくたくただが、なんとか明日の福岡歌会の詠草をつくる。ぜんそくぎみだ。もうすぐ身体のスイッチがきれる。今のうちに、そうだ、買い物に・・・行って・・・おかなきゃあ・・

(ばたっ)(←うそ)

市役所のリサイクルボックスに大量の本やダンボールを持っていったら、おばちゃんからいろいろ注文がついた。

「へえ、こんなナイロンの表紙は剥いで出すんですねえ」
「そう、パルプを回収したいからねえ。リサイクルの意味わかってね」

ふうん、ふうん、と言いながらナイロンの本の表紙を剥がしていると、おばちゃんと話がはずむ。

「もう、ときどき親切そうな顔をしてはいはいって注意を聞いた人が後で市役所に電話してくるのよー。あなたも電話しないでねっ。」
「は?市役所の電話番号知りませんよう!」

リサイクルの管理ってなかなか大変な仕事だ。持ち込む人はいいことをしているような気分になっているから、注意をすると怒り出す人も多いらしい。九州人は頑固な人多いからなあ。。

「このあいだなんてねえ、新聞紙の間にタバコとかティッシュまるめたのなんか入れてあったのよ。現金なら大歓迎なんだけどねえ。」

おばちゃんと話していたら、だんだん晴れてきて、背中がほかほかになった。

「ありがとね、おばあちゃんによろしくね!」
「はあい、チン(仏壇)しときまーす。ありがとう。」

みなさん、古本のナイロンの表紙は剥がしてから、ビニールのカバーはとってからリサイクルに出しましょうね。

|

« おくすり短歌2月 | トップページ | 観覧車つくると? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おくすり短歌2月 | トップページ | 観覧車つくると? »