« 東京へ | トップページ | リサイクル »

2007年2月27日 (火)

おくすり短歌2月

幼子の書く「おかあさん」

さの文字が逆さまだけどママは幸せ

 「おくすり短歌」も今月で12回目。皆さんのおかげで1年間連載を続けることができました。はじめは新聞に載せてもらうようなことが毎月あるだろうかと心配していました。でも子育てをしているといろいろなことがおきるものですね。話題に困ったことは全くありませんでした。

ある読者の方から、「あゆみママの息子さんはいつも病気をされているようですが。」と心配していただきました。2歳の息子、去年の夏はプール熱とぜんそくを併発して5日間入院。冬、熱性けいれんをおこして救急車のお世話に。うっかりケガをすることも多くて大変でしたが、ここ2ヶ月くらい休まず保育園へ通っています。

4歳の娘は、ひらがなを覚えました。でも書き順はめちゃくちゃ。きっとひらがなを物として覚えたのですね。ゾウさんやキリンさんの絵に書き順がないのと一緒。それはそれで面白い体験だと思うので、しばらく娘の独創的なひらがなワールドを楽しみたいと思います。

先日、保育園で育児についての講演会が開かれました。講師は幼児教育専門家の熊丸みつ子さん。「子どもが言うことをきかないのでイライラしませんか?大丈夫ですよ、お母さん。言うことをきかないのは成長の証。子は親をイライラさせて育つものです。あなたの育児は順調ですよ!」というお話でした。心にじんとくるものがありました。まわりにはこっそり涙をぬぐうお母さんもいました。

そういえば母親としての私を認めてもらうような言葉をかけてもらったことはあまりなかったかもしれません。病院でも保健所でも保育園でも食事や生活習慣のことなど、注意されることの方が多いです。その度に私ってだめなママだなあと反省するのですが、案外だめなママなりに成長しているのかもしれません。

育児にも人生にも書き順なんかないと思ったら少し楽になりました。さあ、皆さん、もうすぐ春ですよ!

                            歌人・須藤歩実(未来短歌会)

|

« 東京へ | トップページ | リサイクル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京へ | トップページ | リサイクル »