« 歌葉新人賞 | トップページ | 作歌強化月間 »

2006年8月23日 (水)

新人賞、その他

短歌研究新人賞に応募した「シー・シンドローム」という連作(30首)は、佳作でした。25日発売の短歌研究9月号に5首載っています。

歌葉新人賞候補作に選んでいただいた、「ウミガメの瞳」、歌葉のサイトにアップされました。

http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/shinjin2006/index.asp#happyo

よろしかったら読んでください。

それと、今週土曜は毎日新聞九州版のエッセイ「おくすり短歌」です。

今回はパパと娘について書きました。こちらもどうぞよろしくおねがいします。

いつのまにか、夏、おわりですか?

秋は短歌のシーズン!・・・のような気がする。がんばろう。

|

« 歌葉新人賞 | トップページ | 作歌強化月間 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

私も今年から短歌を作り始めて、エッセイと併せてブログに載せています。「短歌」のブログがあると、ちょっと気になり、覗いています。

「ウミガメの瞳」を拝読しました。この歌が私は気に入りました。。。。

(抱かれてる)(抱いてる)きっと稜線は緋い絵の具で滲みはじめる・・・ベットの上で、裸で激しく優しく抱き合っているシルエットを浮かべてしまいます。やはり( )は、必要なのでしょうか?

よろしかったら私のブログも一度覗いて見てください。

投稿: 流石埜魚水 | 2006年9月 4日 (月) 23時20分

はじめまして。拙作を読んでいただいてありがとうございました。
パーレンや鍵括弧、わたしはあまり使わない主義(わたしの師匠からの教えです)なのですが、この一首には使いたくなりました。おっしゃるようにこれは成功なのか不成功なのかわかりませんね。今後批評を受けてから考えます。
コメントありがとうございました。

投稿: あゆみ | 2006年9月 5日 (火) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌葉新人賞 | トップページ | 作歌強化月間 »