« 日曜日の新聞で | トップページ | おくすり短歌・5月 »

2006年5月27日 (土)

現代歌人協会賞

今年の現代歌人協会賞、松木秀さんが受賞されたとのこと。

松木さん、おめでとうございます!!


http://homepage2.nifty.com/gendaikajinkyokai/sakusaku/2_1.htm

受賞歌集『5メートルほどの果てしなさ』から私がすきな歌。

(たくさん付箋がついているのだけど、10首選びました)


うらうらと凡庸に降る春の雨 誰か普通の人いませんか       松木秀    

狂気ではない 丁寧に流される言葉はどれも馬鹿げた正気

明日という言葉は意味を持ちすぎて持たされすぎて今日の寂しさ

欲望の制御装置として遠き過去に発明されたる『あの世』

うたかたに消えてこそ人いつまでも消えぬ泡など洗剤の泡

はっきりと宇宙なんかを知りたがる人も沢山いて朝六時

少年よ無邪気にわらえ明日には消えるすこしの不思議のために

平仮名のへいそくかんに包まれて十二月十二日、寒いよ

ふんわりと心のゆらぐ四月にはわたしは夢を見てはいけない

ストローをくろぐろとした液体がつぎつぎ通過する喫茶店


(松木秀『5メートルほどの果てしなさ』より)

|

« 日曜日の新聞で | トップページ | おくすり短歌・5月 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

松木さんのうた、いいですね。これからゆっくり読んで味わおうと思います

投稿: ゆか | 2006年6月18日 (日) 21時35分

ゆかさん

はじめまして。松木さんの歌集に興味をもっていただけて嬉しいです。
ぜひ読んでみてください。今発売中の「短歌ヴァーサス」の巻頭に掲載された30首もいい一連です。こちらもぜひ(なぜかわたしが宣伝しています)

投稿: あゆみ | 2006年6月19日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日の新聞で | トップページ | おくすり短歌・5月 »