« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土)

潮干狩り

潮干狩りにいってきました。

すごい人ごみのなか、掘ること2時間。。

(わたしは待つこと2時間。子ども達と貝殻ひろって遊んでいました。)

「とれたよー!!」

さわやかに帰って来た夫のザルには、あさり5粒。

ちなみに入漁券はひとり500円×2人分=1000円だったのです。

ということは1000円÷5粒=200円!ひとつぶ200円??

グリコもびっくり。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

「おくすり短歌」・4月

こんにちは。

先週から東京に行ったり、締め切りに追われたり、ちょっと忙しかったです。

あれ、明日からGW?はやいー。

と、いうことで(ということで?)26日(水)に毎日新聞九州版に掲載されたエッセイ「あゆみママのおくすり短歌」、今回は保育園入園をテーマにしました。

子ども達との時間、抱きしめること、会話すること、大切だとはわかっているけれど、つい後回しにしてしまう。

ほら、今もそうです。息子が膝に乗ってきても私はPCに向かっている。

GW、しっかり遊ぼうと思います。やらなきゃいけないことはたくさんあるけれど、3歳と1歳の子の子育ては今しかできないわけですし。

エッセイの感想、聞かせてください。よろしくおねがいします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

きょうもおねしょ

娘はとても頑固で誇り高い女性なので(とはいえ3歳7か月)

おねしょしても簡単には認めない(とはいえふとんまでびしょぬれである)

「あーちゃんじゃないよう、しょうちゃんだよう」(弟に濡れ衣着せるのは基本だね)

「おかあさん、こちょこちょ~」(笑わせてごまかそうとする)

「ほら、濡れてないよう」(そりゃ着替えたからでしょうが)

と、そこに濡れた布団に近づく弟・・・

「ああああ!!、あーちゃんのおしっこだから(近づいたら)だめ!」

・・・よくわかってんじゃん(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

牛乳アレルギー

息子があまりに毎日鼻血を出すものだから、病院で検査してもらいました。

結果、異常はなかったのですが、ついでにやってもらったアレルギーテストが陽性。

なんと、牛乳アレルギーだったのです。

実はいままで牛乳飲ませたら口のまわりにブツブツができるから

飲ませないようにしていたのです。

ところが、今月から通っている保育園ではおやつに牛乳がつきます。

まあ息子は牛乳嫌いだから頑として飲まなかったらしいけれど。

あわてて牛乳は除去してもらうようにお願いしました。

せんせい@ちゅうりっぷ組「え?じゃあ牛乳は一口もだめなんですか?」

わたし「はあ、一口くらいならいいかもしれないですけれど、チャレンジするなら病院があいている時間帯にしてくださいって小児科の先生に言われましたね」

せんせい「え?そんなにあぶないのですか?」

わたし「体調がわるかったら発作がでたりするらしいですよ」

(非常にのんきな会話だ・・・。お互いにアレルギーの知識があまりないのだ。)

小学校に入ったら牛乳が給食につく。

でもまあ、それまでにはアレルギーもおさまるかもしれない。

せんせい「あ、この診断書、有効期間1年ですね。じゃあ1年したら飲ませていいっていうことかしら?」

わたし「・・・・・。えーっと、まあ、そんなにいそがなくていいです。。」

(定期券じゃあるまいし・・)

せんせいは幼児には当然牛乳を飲ませないといけないと思い込んでいる様子。

でも今は、あんまり牛乳を飲ませないほうがよいという説もありますね。

育児情報がちまたにあふれていて、たまに何を信じていいかわからなくなります。

そして、なりゆきまかせで子どもは育ってゆく。でも、すごく元気だし、ま、いいか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

布オムツ

新しい保育園は公立保育園で、オムツは布オムツを使っています。

1歳9か月で、トイレトレーニング中なのですが、布オムツを大量購入・・・。

すぐに使わなくなるのに、どうしたらいいのだろう。誰か要りますか?

(使い古しですけれど・・・)

そんな育児用品で押入れがあふれかえっています。

オマルがあるのにどうして補助便座を買ったのだろう・・・。

しかも荷物は増える一方。短歌の本に旦那の日曜大工用品。

部屋がどんどんせまくなっていくのだけど、密かに書斎がほしいなーなんて、い・け・な・い母。

またオークションはじめようかなー。

(関西から福岡に引越しする前に育児用品などを売りさばいたのです)

でも、オークションってはまるので、時間をけっこうとられるのです。

包装とか凝ってしまったり、高値で売れそうな時期をリサーチしてみたり。

ま、高値といってもしれていますけれども。

育児用品は数百円から数千円の世界。

でもなんとなくじぶんが選んで使ったものに興味をもってもらうとうれしいのです。

趣味を認めていただいたようで。

ちなみに育児用品を売るなら季節の変わり目がおすすめ。

今、ちょうど時期なのだけど、なんせ時間がないなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

入園おめでとう

娘、ひまわり組、きいろい帽子。

息子、ちゅうりっぷ組、ピンクの帽子。

保育園入園おめでとう!!

入園式の朝、娘はピンクの帽子をかぶるといって駄々をこねる。

どうしてもだめだと言うと、しかたなく自分の赤い帽子をもってきてかぶっていた。

ま、いいか。

そのままひまわり組の教室につれていくと、みんなきいろい帽子。

娘、なにごともなかったかのように、きいろい帽子をかぶる。

みんなといっしょ、うれしいな。(予想どおりだ)

入園式、先生につれられて、3歳以上の園児が列になっての入場。

お父さん、お母さん、弟を保護者席にみつけた娘、とたんに泣き出す。

我慢している顔で、でもしくしく泣いている。

ぶかぶかの真新しい制服でなみだをぬぐっている。

しかしそんなことおかまいなしで入園式は長い。

園長先生のあいさつ、先生の紹介、全園児のお名前呼び

(しかも手を上げて「はーい」って返事をするまでねばる)

気になったのはその間ずっと保護者がざわざわ私語をしていたこと。

子ども達のほうがよっぽど静かに話をきいていた。

娘はといえば、まだしょんぼりしている。がんばれ、あとちょっと。

とつぜんピアノが鳴り出して、手遊びうたがはじまった。

あ!娘、ちょうちょの手をしてる!(よかった)

ということで親も手に汗にぎる応援でつかれましたー。

娘は「保育園いやっ!つかれたー」といって夜泣き+おねしょしました

(フルコースじゃん)

でもね、次の日から娘、ごきげんなのです。

朝、広い園庭で自由に遊べるのが嬉しいみたい。

あ、息子はといえば、マイペースですよ。

朝からおやつのキウイを3杯もおかわりしたり!(朝ごはんたべたのになあ)

とりあえず今週は慣らし保育で、来週から本格的な園生活がはじまります。

入園式で泣いていた娘の背中、靴箱から自分で靴をとって園庭に飛び出す娘の背中、なんだかきらきらしたものを背負っていて、胸がきゅんとしました。

きらきらをどんどんふやしてね、子どもたち。

入園おめでとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »