« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

退園&入園

あああ、もう3月もおしまいですか??

最近、なんだか忙しくて、すっかりわすれていた(いやわすれようとしていた)のですが、保育園入園の準備をしないといけません。

何が大変って?そりゃあ、2人分のお名前書きでしょう。

とりあえずアカチャンホンポで名前ペンとアイロンでぺたっと貼るネームタグを買いました。

ひたすら、ひらがなで、むすめとむすこのなまえを、かいて、かいて、かいて!

考えただけで体力消耗(最近お疲れモード)

でもほとんど手作りしないといけないものがないので(ぞうきん4枚くらいです)私は恵まれている方だと思います。

おかあさんをやるっていろいろ大変なんやなあ。(しみじみ)

さて、(っていままでのは前置きやったんかいっ?)

昨日は娘が昨年10月からお世話になっている無認可保育園の退園日でした。

(K保育園の先生方、たいへんお世話になりました。)

実はむすめ、保育園のSくんというかわいい男の子の名前を連発しています。

うーん、これ、ひょっとして、初恋なのかも?!

でもSくんともお別れ。ごめんね。成就できなかったね。(成就?)

そしてなぜか昨日は夫が嬉しそうでした。(定番ですね)

新しい保育園への入園式は土曜日。

我が家の春がはじまります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

不機嫌なあお

こんにちは、須藤歩実です。

毎日新聞のエッセイ「あゆみママのおくすり短歌」に感想をお寄せいただき、ありがとうございました。うれしかったです!

さてさて、昨日は晴れていたので、布団を干しました。

例のおねしょ布団です。(22日は雨だったので布団乾燥機で乾かしました)

そして洗濯機を2回まわしました。

庭に干していると、息子がチューリップをながめていました。

子どもは草花がすきですね。

大人も草花すきなんですけどね、つい見逃してしまうのです。

育児をはじめて、子ども目線で生活するようになって、そのことに気がつきました。

仕事をしていたときは、そういえば雲のかたちとか、まったく気にしなかったなあ。

控えめに空を見上げる信号の赤にのっかる不機嫌なあお  須藤歩実

これは仕事をしていたときの歌です。

ほんとうに不機嫌なのは、私自身だった。

でも今は、わたしらしく生きています。

こんな時間まで起きて、地味~に短歌の本を読んでいますが、わたしらしいと思います(汗)

育児に追われて自分の時間なんかない!と思い込んでいた時期もありましたが、

案外時間ってやりくりできるものなんですよね。

(無理は禁物ですけれど)

よくないのは自分で自分に暗示をかけてしまうこと。

「どうせわたしには自分の時間なんてないんだ」とか、

「子どもがいるからなかなか外出できないんだ」とか。

暗示かけちゃうと、ほんとうにそうなっちゃいますね。

だから逆に

「おお、今日は雨だから洗濯さぼって本を読もう」とか、

「ああ、今日は天気がいいから掃除さぼって飛行機をみにいこう」とか、

ちょっと冒険してみませんか?

私の場合まさにこんな感じで気分転換しています。

(福岡空港の送迎デッキで息子とぼーっと飛行機を応援しています。。)

ちなみに今日は子どもと桜をみにいこうと思います。

天気がちょっと心配ー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

「おくすり短歌」

今朝、毎日新聞に、自分のエッセイが掲載されました。

不思議な気持ちです。

むすめがおねしょして、布団が濡れています。

なにもかわらないこの部屋に、わたしの文章が届くなんて。

あ、でも、とりあえず洗濯をしようと思います。

おねしょ、痛いなあ。しかも布団と布団の隙間にうまくしてくれたものだから敷布団が2枚とも濡れています(汗)

と、いうわけで混乱していますが、ぜひ「おくすり短歌」の感想をきかせてくださいね。

よろしくおねがいいたします!

須藤歩実 拝

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月20日 (月)

ハンガー

息子がかんしゃくをおこした。

自分で振り回していたハンガーを自分にぶつけたからだ。

ハンガーにやつあたりしようとさらにふりまわす、で、ぶつける、ふりまわす、で、ぶつける。

(そろそろ止めたほうがいいかな、のろのろ)

息子を抱いた。ちょっとハンガーに気をとられてもがいていたが、すぐにおちついた。

「すきすきすきすき、しょーちゃん。すきすきすきすき、しょーちゃん。」

ゆらゆらゆらゆらしょーちゃん、おかあさんの胸に額をあてて。

おかあさんはしょーちゃんの額に頬をあてて。

いつのまにか、

すやすやすやすやしょーちゃん。

いつまでも抱きしめていたいな、と思った。

いつまでもくっついていたいな、と思った。

だめなおかあさんでごめんなさい。

でも、心から、あなたたちのことを愛しています。

あーちゃん、しょーちゃん、

あなたたちは、いのち。

かけがえのない、いのち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

はじめての洗車

うちの娘、わたしの祖母に似て、すこし神経質なくらいきれい好き。

今朝、車に乗せて保育園にいこうとしたら、娘曰く、、

「うぁ~、まどがべちゃべちゃ~、

あめじゃーってせんと?おとうさんとあめじゃーってするの!」

(注:「あめじゃー」=「雨じゃ~」=ガソリンスタンドの洗車機のこと)

ということで、仕方がないから、保育園の帰りに初めて一人で洗車しにいきました。(どきどき)

ここ数日黄砂がすごかったから、洗車機は20分待ち。

どの車にもおなじような模様がついている。(おお、ふしぎ大自然!)

やっと自分の順番がきて、慎重に車を洗車機に進める。

ストップランプがついたらエンジンをとめて、でっかいブラシに洗われる。

洗車機がうしろにいったり、まえにきたり、ゆらあり、ゆらあああり・・・

胎内回帰、という言葉を思い出した。

おお、ふしぎ大自然!

(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

いい天気!

きょうはとっても天気がいいので、あさから2回洗濯機を回しました。

で、掃除機をかける。(あさから娘がさがしていたピンクの蛙のぬいぐるみを発見する)

そうそう、靴も洗おう。

そうそう、布団も干そう。

たくさんの洗濯物があふれたちいさな庭。

プランターにはちゅうりっぷ。もうすぐつぼみがつく頃です。

春ですね。

もう、春です。

いつのまにか子ども達の足も大きくなっていて、

もう履くことのできない靴が10足くらい。

(ながぐつとかブーツもある・・・)

大切に洗って、最近ママになった友達に進呈しようと思います。

大切にしなくちゃね、思い出は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしらせ(ちょっと手抜き?)

日記をさぼってすみません。(だれに謝っている??)

突然ですが、お知らせです・・・。

短歌日記「月歩」より↓

http://ameblo.jp/usanonnta/entry-10009943523.html

春、なんだか、いそがしくなりそうです。

わたしらしく、が難しい。

子育てしながら、家事をこなしながら、短歌の勉強をしながら、

この春を走り抜けます。

いまは、ただ、まっすぐに。

ひたすらに。

前だけを向いて。

みなさん、どうぞ見守っていてくださいね。

よろしくおねがいします。

ayumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

入園決定!

春うらら

吾子の手をひき

ほいくえん

(何のひねりもないじゃん、つまんない。。)

と、いうわけで、俳句も飛び出すくらい、ごきげんな朝、

子ども達の認可保育園入園、決まりました!

春から、保育園♪おめでとう!

そして、春から、わたしは歌人として、うたに専念します。

しゃっきりモードでがんばるよ、みんな、ついといで!

娘:「おかあさん、へんな顔しないの!」(最近、これが口癖。。)

・・・つ・・いとい・・・・でぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

楽しいひなまつりの過ごし方

ひなまつり、ですねえ。

ケーキ買いにいきたいのだけど、さむいですねえ、しかし。

前にママ友達と、ひなまつりの過ごし方がいまいちよくわからないよねーという話をしました。

ママになると、年中行事を仕切らないといけないから、けっこう大変なのです。

そういう伝統的なものは是非子ども達に伝えていきたいのだけど、

じゃ、具体的に、どうやったらいいのよ~。

我が家ではとりあえず、お雛様は飾ります。

そして、ひなあられも買います。

気が向けば、ケーキも買います。

夜、みんなで歌います。

で、だいたい、手巻き寿司を食べます。

(去年までは関西にいたので節分も手巻き寿司だったのですが、福岡に引っ越したのでやめました)

今年も同じことをしようかな。

来年も、再来年も。

で、そのうちに息子の食欲に合わせて、

寿司飯1升とか炊いたりして・・・(ちょっとこわいな)

今日は早めにお魚を買いにいこうと思います。

品切れ注意!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

郵便局で

博多のおばちゃんは、気さくにはなしかけてくれる。

しかも、けっこう鋭い洞察力をみせてくれる。

さきほど郵便局で会ったおばちゃん(たぶん70歳くらい)

息子をみるなり

「かわいいねえ、お姉ちゃんか妹さんがいるでしょう」

・・・あたり。

「そうでしょう、まんなかだから、けっこう放っておかれてたりして」

・・・またあたり。

「保育園にいってるの?」

・・まあまあ、あたり。(4月からいきます)

「おしゃべりしないの?」

・・これは、はずれー。

息子は大きいからとても1歳児にはみえないのです。

「今日は土曜日じゃないよね?」

・・・・・。

おばちゃん、だいじょうぶだろうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »