« あどけない雲の話 | トップページ | パパの子連れ銭湯 »

2006年1月14日 (土)

トミカ

下の子が男の子だったから、

私も夫もはりきってしまって、

生後11か月、ひとりでやっと立てるか立てないかのときにもう、

ミニカーを数台買ってしまった。

買って3日目、なにげなくトミカ(bB)をさわっていると、

なんとドアもトランクも開くじゃないの!

帰ってきた夫に開口一番「これ、あくんだよ、知ってた?」って言ったら、

「あー、買うときから開きそうだなーと思ってたよ」

(で、帰ってすぐ確かめてみたよ)

どんなに小さくても車を選ぶときウキウキする夫。

どんなに小さくてもテディーベアを選ぶとき牛肉を選ぶより慎重になる私。

ずっと一緒にいるけれど、

「あなたとはちょっと違うね」というところを見つけると楽しい。

「ちょっと」がいいのよ。

娘と息子もちょっと違う。

そのちょっとを尊重できるような人になってほしいなと思う。

|

« あどけない雲の話 | トップページ | パパの子連れ銭湯 »

育児」カテゴリの記事

コメント

何か、いいお話ですね!!私と旦那のちょっと違うとこって何だろう??「あ~、一緒だね~」っていうとこにばっかり目がいって、違うと「つまらんなぁ」なんて思ってしまう私(笑)
歩実さんみたいに考えるの、いいかも♪仲良し家族大好き☆

投稿: ちゃめこ | 2006年1月16日 (月) 10時25分

つきあっているときは考えの違うところを見つけると、もっと同じ価値観の人を探そうかなとか考えてしまっていた私(薄情だわっ)。でも結婚して子どもができちゃうと逃げられないから(笑)違うところともうまく付き合わないといけない。違いを無理に好きになることはないのだけど、「あー、違うんだなー、楽しいなー」と思うとまあやりすごせたりします。試してみて☆

投稿: ayumi | 2006年1月16日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25107/342041

この記事へのトラックバック一覧です: トミカ:

« あどけない雲の話 | トップページ | パパの子連れ銭湯 »