トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

息子のおしゃべり

さいきん息子(1歳7か月)と会話できるようになってきた。

「わかった」とか、「うん」とか。

かわいいけれど覚えなくていいことも当然覚えてしまう。

きのうおふろからあがった息子がひとこと。

「つかれた」

ひっ!

しかもそのあと彼はカーペットの上にごろんと転がった。

・・・・っ!

旦那が見ていなくてよかった(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

二の腕マッチョ?!

三種混合一期追加の予防接種のとき

「この注射は同じワクチンを4回打つから今回は腫れますよ」とお医者さま。

あれ?娘のときどうだったかなーと思い出そうとしたけど思い出せませんでした。

(ということはたいしたことなかったんじゃないかな)

しっかし、息子はもののみごとに腫れました。

右だけ二の腕がマッチョになってしまいました(汗)

すごいな、人間の体って。

ほんとうにいろんなものと闘って育つんやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

小説?

おばあちゃんに私の短歌を見せたら、

「あんた、短歌げなせんで小説かき」といわれた。

(短歌なんてしないで小説を書きなさいという意味)

なんでそんなこと言うかなーと思ってたのだけど、

きのうの新聞広告をみて納得した。

「ポプラ社小説大賞 大賞は賞金2000万円。」

にせんまんえん!

・・・・。

にせんま・・・(みれん?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

冒険

きのうは息子が夜泣き。

たぶん注射の夢をみたのでしょう。

夜中に起きてネットやったり本を読んだり。

しーん。

しーん。

さみしいからお湯をわかしてみた。

しゅー。

せっかくお湯をわかしたのだから、ラーメンをつくってみた。

じゅるじゅる。(まずそう)

ラーメンを食べたら甘いものが食べたくなった。

ずるずる。

(娘のブルガリアヨーグルトいちご。あれ?どんな食べ方をしてるの??)

ああ、昔よく会社で食べてたなあ、こんな昼ごはん。

カップラーメンにお湯を注いでいると、先輩(男性)に

「あなたそんなものばかり食べてたら死にますよ」といわれたものだ。

ははは(困惑)

こんな私も妊婦になってからは食事に気をつかうようになり、

子どもが生まれてからはちゃんと三食野菜を摂るようにしている。

うーん、少しは寿命が延びたかな?冷え性はあいかわらずだけど。

ずるずる。

夜中のラーメンとヨーグルトは

ちょっぴり冒険の味がした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

予防注射、わすれてた!

ちゃめこちゃんがポリオに行ったとブログに書いていたのを見て、

三種混合一期追加を忘れていることに気がついて、

あわてて小児科にいって、注射してきました。

これは打ってから一年後またきてね~というやつだから、

たぶん忘れるだろうなと思ったけど、やっぱり忘れてた。

前に住んでいたところでは集団接種だったから予防注射のお知らせがきたけど、

今は自分でスケジューリングして病院で受けないといけない。

好きなときにいけていいのだけれどね。

秋からずっと麻疹、風疹、インフルエンザ×2と続いていたから

息子はしっかり病院をおぼえてしまいました(困)

でも、もうこれでしばらく注射はないぞ!

(子どもが注射されるのを見るのもつらい。暴れるから余計痛そうやし。)

そういえば日本脳炎はどうなるのかなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月26日 (木)

保育園入園申し込み

私は書類を書くのが苦手。

印鑑を押すのはもっと苦手。

(よく営業がつとまりましたね)

・・・つとまっていたのだろうか??

というより社会人としてつとまっているのだろうか???

前置きは長くなりましたが、

今日やっと血のにじむような努力で書類の山をかたづけて(3枚くらいだよ、いうても)

印鑑を押すところより訂正印の数のほうが多いのを気にしながら、

保育園の入園申し込みをしてきました。

しかも園庭開放のどさくさにまぎれて。

よかったー、受理されて♪(というより押し付けた)

保育園っていいね、やっぱり。

ガキ大将みたいな子におしりたたかれたり

いいねー、やっぱり(?)

結局は先々でいろんな性格の人となんとかやっていかないといけないのだから、

別に保育園や幼稚園は近くのところに行けばいいのだと思う。

と、いうのは建前ということで。

本音?

毎日のことやし、送り迎え、大変やん。

うちの裏、保育所なのです。

しかも給食つき!(おおっ)

4月が楽しみだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

おとな目線

きのうは久しぶりに仕事で外出。

息子も託児所に預けました。

ひとりで街を歩くと、いつも目が届かないところまで目が届いて・・・

あ!

そうだ、私は背が高いんだった!(167センチ)

子どもといると手をつないで子どもの目線で散歩するから、

久々のおとな目線を新鮮に感じたのです。

そういえば最近、猫背になってきたような。

ああ、タイダンスを習ってみたいなあと思いました。

(たまたま朝のテレビでやっていて、かっこいい!と思ったから)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

そうそう、

ゴルフ旅行に行く旦那に「おみやげは何がいい?」ときかれたので

「いらない」というと

本当に何も買ってこなかった。

しかたがないから子どもには

そのへんにあったハイチュウをあげた。

わたしとだんな

どっちがわるいのだろう・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルパンすき?

予想通りの展開(笑)

息子はなんとか元気になったのですが、

私がダウンしました。

発熱腰痛頭痛下痢いらいらいらいら

こんなときに娘がうたってくれた歌

「さだめ~なのさ~ ルパン~三世~♪」

実は私、娘にハイジのオープニング曲を聞かせたくて、

TSUTAYAでアニメソングのCDを借りまして、

帰ってきいてみたら、ハイジはハイジでもエンディングテーマ。

よーくみたらこう書いてありました。

『なつかしのアニメB面ソング集』

レア~~~!

感動した私は調子に乗って

オバケのQ太郎の絵かき歌(古~いやつ)とか

宇宙戦艦ヤマトの「真っ赤なスカーフ」とか

フランダースの犬の「パトラッシュ、ぼくのとも~だち」とか

アンパンマンサンサン体操のあとにダビングしてしまいました。

当然アンパンマンを聞いたあとには、これらのレアな曲が

しんみりと流れるわけです。(ドライブ中のはなし)

娘、おぼえてしまったのね。

まさか、保育園でも歌ってる?

あはははは(凍)

どんな親なんだろうって思われてそうやなー。ま、いっか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

息子の喘息

ついに、息子が熱をだした。

ぜいぜいいっている。

私も小さい頃、ぜんそく持ちだったから、

息子のひゅーひゅー音を聞くのは辛い。

遺伝ではないか、とか

考えるともっとつらい。

熱は37度台だから、インフルエンザではなさそうだけど、

深夜に喘息発作がおこったら、至急病院につれていかなければ。

子どもは夜、突然発熱したり吐いたりする。

まるで親の愛情の深さを試すかのように・・・。

しかしよりによって夫が留守のときに!

やはり、なにか、試されている、のかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

私信

弟の誕生日なんだけど、

連絡先がわからなくなったので、

ここに書きます。

(新聞の三行広告みたいだ。「連絡せよ。姉」的な。)

たんじょーびおめでとー。

着実に年をとっていくことは

おめでたいことなのです。

たぶん。

姉より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あそびだいすき♪

今日は夫が新年会兼ゴルフで大分(高崎山)に1泊するというので、

朝からテンションの高い子ども達にやられっぱなしの(?)土曜日。

わざわざ高崎山に行かなくても、

猿山なら近くにあるのにー。(どこどこ?)

NHK教育で土曜朝8時35分からはじまる「あそびだいすき」は

ひろみちおにいさんときよこおねえさんが出演しているだけあって、

わたし的には大変な番組です。

「かえるがぴょーん」(母もジャンプ)

「へーびがするっ」(母もくねっ)

「とかげがげっ」(母もげっ)

「あっそーぼ♪」(はあはあ)

「さあ、はやくなるよー。」(ひえっ)

「かえるがぴょん!」(ひよっ)

「へーびがするっ!」(ずるっ)

「とかげがげっ!」(っげー)

「あそぼ♪」(ぜいぜい)

そういう体操(どういう体操?)が5分おきくらいにはじまるので、

土曜の朝、こわい。

むかし歌のおねえさんになろうと思っていたけど(小学生のときね)

夢を断念して、正解だったかもしれない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

息子の風邪

1歳半の息子、きのうから風邪気味だ。

鼻水でふがふが寝ている。

前回の風邪からおよそ半月。

今回はけっこう長いこと元気だったのね、と思ったりもする。

男の子って病気をしやすいときいていたけれど、

なぜかそのとおり。(育児情報はたいていそのとおり)

1歳になったころ卒乳してから、

ぐっと風邪をひきやすくなったようだ。

保育園に2か月ほど預けていた期間は最悪で、

毎日毎日鼻水をたらしていた。

ぷらす、先月なんか2週間くらい下痢もしていた。

こんなんでこの春から保育園生活がやっていけるのだろうか、心配。

それにしても、すれちがいざまにさりげなく私のセーターで

青っ洟を拭くのだけはやめてくれー!

セーターを洗濯しすぎて、縮んでしまって、

まともに着られる物がなくなりました(泣)

家の中に生活じみていないものを探そうと思ったけど

なにひとつ見つからなかった。しょっく。

ちなみに師匠の本の帯の裏には

赤いくれよん特急が走っています(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

浦島太郎さん

今日、下の子をつれて3か月ぶりに子育てサークルに行ってきました。

この前ハイハイもできなかった子がとことこ歩いていたり、

妊婦さんだったママが首がすわりかけた二人目ちゃんを抱いていたり、

とにかく浦島太郎さんでした。

子どもの成長ってあっという間なんだなあ。

毎日子どもをみているから気がついていないだけ。

そういえば昨日、おばあちゃんと買い物に行ったら、

近所の人に「あれ?娘さん?」と聞かれました。

「あ、孫です」と言ったら、

「あーそっか、私は年をとったんだねー」とその人。

自分の視界に自分は入っていないから、

ついつい若い時の気持ちのままで考えてしまうそうです。

うんうんそうだよなあ、と思いながら、

毎日歌壇の特選歌を思い出したりしました。

老婆から貝殻をかう。ゆびさきより乾燥海老になりゆくさだめ    しおみまき

(まきさん、ちょっと拝借しましたー。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちいさなおかあさん

子ども達をみながら短歌をつくりながら歌集や評論を読みながら家事をこなすのには限界があって、

きのうはちょっとダウンしてしまいました。

うーんうーんと寝ていると、

遊んで遊んでーとやってきた上の子が、

「おかあさん、あたまいたい?ねつはかる?」

豆イスに乗って背伸びして、

棚の上にあった体温計をもってきてくれました。

ねつはかったらげんきになるからね。

うん、ありがとう。

時にはちいさなおかあさんに

あまえてみるのもいいなと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

ないちゃいました!

娘「むかーしむかーしあるところに・・・」

私「ん?はいはい靴はいてねー」

娘「おとうさんとおかあさんがいました」

私「え?お母さんもいたの?」

娘「おとうさんとおかあさんは・・・」

私(わくわく)

娘「ないちゃいましたー。」

娘「ないちゃいましたーっ!」

・・・・・・・・・なぜ?

ま、どの時代もおとうさんおかあさんという人たちは

たいへんな苦労をしているっちゅうことの比喩でしょうかね。

この子、天才かもしれない。どうしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

健診パート2

ご好評につき(?)1歳半健診のはなしのつづき~。

さて、2時間待ってやっと保健師のおばちゃんのところに行き着いた私と息子。

おばちゃん、息子の顔をみて大げさに驚き、

「あ、これ、この耳の付け根のかさぶたになってるところ、アトピー?」と聞く。

私:「え?クセでかきむしったみたいで・・・」

保:「お子さんアトピーって病院でいわれたことない?お父さんやお母さんは?」

私:「(ちょっと不機嫌)ありません。」

保:「あ・・そう。」

問題です。おばちゃんは2回、私の地雷を踏みそうになりました。

(ぎりぎりセーフでした。スイッチが入るとマシンガンのように抗議しますよ、私。)

さてどこらへんでしょう。

まず、相談開始早々いきなり「アトピー」という

ママにとっては大変デリケートな言葉を、

さらりとふれるならまだしも、驚いたような口ぶりで使ったところ。

そしてさもアトピーは遺伝だといわんばかりに

「お父さんやお母さんは?」なんてきいたところ。

もしアトピーであればその後の小児科健診でわかる話。

保健師さんは、ママに不要な心配をかけるようなことを言わないでほしいと願う。

かくいう私も少し気になってしまった。

皮膚科にいってみようかな。

でも皮膚科、1時間待ちなんだよな・・・。

こういうとき、子育てって大変だとおもう。

例えばあまり上手ではないこの歌、

雨の日のおんぶに抱っこ 不自由な自由楽しむトトロぞ我は   須藤歩実

雨の日のおでかけも大変。

でも最近は上の子が傘をさしてまっすぐ歩けるようになった。

はあ、ちょっと楽になった。

少しずつ子どもも成長していて、

この大変さが永遠に続くわけではないのだけど、

今は目の前のことを片付けるのに必死で、

ただただ毎日大変だなあとしか思えない。

こんなお母さんに少しでも余裕が生まれるように、

まわりのみなさん、どうぞご協力おねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健診

この前、下の子を1歳半健診に連れて行った。

上の子の健診のときは前の晩から「明日は何を着せていこうか・・・」とか

「午後1時からかあ。昼寝のタイミングが難しくて困るな。」とか考えた。

が、下の子のときはあやうく遅刻しそうになって

子どもを抱えて(重たい!)500mくらい走るー走るー走るー。

やっとついたら私らが一番最後でした。

当然待ち時間もすごい長くて(2時間?)

初め緊張しておとなしく座っていた息子も保健センター探検をはじめて、

女子トイレをのぞいたり、階段をのぼろうとしたり、大変でした。

ちなみにそうやって子どもを追いかけるお母さん、他にも2~3人いて、

みんな男の子ママだった(笑)

女の子ママは余裕で座っていて、

子どもと「ひげじいさん」をしてあそんでいたりした。

なかにはなぜか数字を教えている人もいて、

ひたすらわらべうたを歌っている人もいて、

「○○ちゃん、お茶飲む?あ、ほらあの男の子、力持ちねえ、ママのバックもってお散歩してる~」

(はい、その力持ち小僧の母は私です・・・)

そんな楽しげな声もきこえてきました。

いいお母さんがたくさんいて、

なんだかなつかしかったです。(私は元「いいお母さん」)

で、今の健診ってお母さんのメンタルチェックもしていて、

入り口で渡されたアンケート(「育児にイライラしますか?」など)に答えなきゃいけない。

ん?これイライラすることもありますってそのまま書いたらどうなるの?

はい、別室に呼ばれてカウンセラーさんと相談するのです。

・・・目立つじゃん。

じゃ、イライラしない、子育てすごく楽しい!に○しとこう。

ということで相談できないでいるママもいるということを、

市役所の人は知っているのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

パパの子連れ銭湯

今日は帰りが遅かったから、夫に子ども達を迎えに行ってもらった。

で、帰宅して飛びついてきた子ども達がなんだかいいにおい。

服は朝着せたままの服だった。おふろに入ったのならパジャマのはず。

何食わぬ顔で本を読んでいた夫、読み終えると「さー、ねるぞー。」

妻:「え?お風呂は?」

夫:「はいってきたんだよ、ねー?」

娘:「あのねあのね、おおきいおふろはいってきたとー!」

3歳と1歳の子をつれて、託児所裏にあるスーパー銭湯に行ってきたらしい。

すごい!一人でよく行けたね。下の子はまだオムツだから着替えもたいへんなのにね。

こんなことを書くとまた皆さんに「理解のある旦那さんでよかったね」といわれるでしょう。

そう、よかったです。できすぎです。

でも私を置いていくことないじゃんかあ。・・・とはさすがにいえなかったです、はあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トミカ

下の子が男の子だったから、

私も夫もはりきってしまって、

生後11か月、ひとりでやっと立てるか立てないかのときにもう、

ミニカーを数台買ってしまった。

買って3日目、なにげなくトミカ(bB)をさわっていると、

なんとドアもトランクも開くじゃないの!

帰ってきた夫に開口一番「これ、あくんだよ、知ってた?」って言ったら、

「あー、買うときから開きそうだなーと思ってたよ」

(で、帰ってすぐ確かめてみたよ)

どんなに小さくても車を選ぶときウキウキする夫。

どんなに小さくてもテディーベアを選ぶとき牛肉を選ぶより慎重になる私。

ずっと一緒にいるけれど、

「あなたとはちょっと違うね」というところを見つけると楽しい。

「ちょっと」がいいのよ。

娘と息子もちょっと違う。

そのちょっとを尊重できるような人になってほしいなと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

あどけない雲の話

夕方、娘を託児所に迎えに行く。

さよならのあいさつをして外に出れば、夜がそこまでせまってきている。

私は息子を左腕に抱いて、娘と手をつないで階段を下りる。

と、娘が「くもがあおいね」

<12kg>が重たいから早く車に乗りたいけど、つきあいで空を見上げる。

雲の昼とも夜ともいえない色。たしかにあおい。

日中、娘が「くもがしろいね」と言った覚えはないから、

彼女の中で特別なものとそうでないものの整理はできているのだろう。

あおいね、よくみつけたね。ずっと遠くにあるのにね。

そういえば私の特別を思い出した。

ビスコをサンドのまま食べるようなフツーの大人になっちまった私!くやしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちびちびウォーク

靴をはいて歩けるようになった息子と散歩する。

アパートの手前で息子の歩幅が小さくなる。

まるで断崖絶壁を前にしてすべらないように

慎重になっているペンギンだ。

しんちょーにしんちょーにしんちょーに・・・

何してるの?

坂のぼってるの。

坂?

そう、上り坂。

(ってしゃべれないんだけどね)

今日はじめて自分の家へとつづく道が

なだらかすぎるほどなだらかなスロープになっていることを意識した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃんの健康茶

週に1度はなんやかんやと用事があって祖母に会いに行く。

祖母、さいきんえらく元気だ。

お肌なんか逆につるつるになっているきているかもしれない。

鏡開きでヒビの入った、でも白くつややかな餅を切りながら、

ふと祖母のほっぺを思い出したほどだ。

その祖母に昨日は健康茶をもらった。

友達にもらった、という。

孫の私の方が元気がないから、飲めという。

夫に相談して飲めという。なぜ?

そして帰り際、「親孝行したいときに親はなし」と言われた。

これ以上どこをどうやって親孝行したらいいんだよーっと

つっこみを入れたくなる心がまだ足らんということか。

人生日々是修行。

昭和の生き証人には、かなわない。

そういえば、今日は祖父の22回目(くらい)の命日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

クリームパンダ!

クリームパンダはアンパンマンの友達。

そのクリームパンダの歌が今、下の子のマイブーム。

「しかたがな~い、しかたがない!」(ない)

()のところが息子のパートです。(1歳児、かわいいのう)

で、なんで「しかたがない」かというと、こういう理由だそうだ。

「ぼくはクリームパンだから、『ぼくはクリームパンだ!』といったのに、

顔がパンダに似てるからクリームパンダになっちゃった~♪」

しかたがないね、そりゃ。たしかに。

でもそれを歌にしたかった気持ち、わかります。

クリームパンダは歌わずにはいられなかった。

私が短歌やブログをはじめたのもそういう気持ちからかもなあ。

しかたがないことを、

誰かに聞いてもらいたかっただけかもなあ。

誰かをどうにかしようとか、

自分をどうにかしようとか思わないことだよ、クリームパンダ。

得意技、グーチョキパンチ。

やなせさん、深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜泣きの原因

昨日は一日中、短歌のことばかり考えていて、

子どもを世話しながらもうわの空で、

そういうのが伝わっているのでしょうか、

子ども達は悪い夢をみたようです。

時間差夜泣き攻撃。

娘:「あのね、あしがこちょこちょってなっちゃったの、ふえ~ん」(??)

息子:「いやいやいやいやいやいやいや~~!」ごんっ(母に頭突きした音♪)

おかげで早起きした私(頭いたい)は、

やっぱり短歌をつくるのでした。

ありがとう、いやごめんね子ども達。

今日はいっぱい遊ぼうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

かけひき

息子、1歳半。頭囲51センチ(3歳の姉よりでかい)。

たぶん我が家で一番の暴れん坊。

そうなるだろうなと期待していたら、本当に期待通りの予測どおり。

「男の子って大変なのよね~」って世間のママはいうけれど、

本当に大変やわ。2つ上のおねえちゃんをたたくたたく。

かわいそうに。でもかわいそうにと言いすぎると、姉にも知恵がつく。

たたかれた方が得だ!と。(このあたり、さすが私の娘!)

「大丈夫?」ってやさしくしてもらって~、

「だめよ!」っておとうとを叱ってもらえて~、

「我慢してえらかったね」って褒めてもらえる!

姉、わざとアタマを出してたたかれる・・・。洗車機の中の車みたい。

もうこうなったらめんどうなので二人とも~~~~

こちょこちょの刑じゃ!

きゃー。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

子育てブログ、再開!

こんにちは、はじめまして、おひさしぶり。

へんなごあいさつですみません。

ほんの1か月ほどブログをお休みしていた間に、

上の子は英語をしゃべりはじめました

「スパぺッツィ~」(スパゲッティ?)3歳3か月の女の子。

下の子は日本語をしゃべりはじめました。

「にゃー」(ネコ語?)1歳6か月の男の子。

私は、あいかわらず、いらいらしながらもぼちぼち生きておりました。

そう、年末年始って忙しい。予定も無いのに忙しい。

あんまり忙しくて頭がいたくなって、寝込んで、いたわってもらって、

そろそろ邪険に扱われはじめたので、ブログを再開しました。

こちらのブログは、もう、子育て中心。だ、ぜ、よろしく。

私の前のブログをご存知の方、基本的にあまりかわっていません。

須藤歩実もあまりかわっていません。

そりゃそうだ、1か月だもの。

でも少しだけかわっているかもしれません。

その辺りをお楽しみいただけたら幸いです。

どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »